注目のスタートアップ

再生可能エネルギーを活用したビットコインマイニング事業展開の「Fuel Hash」が3.1億円調達

company

2022年1月12日、株式会社Fuel Hashは、総額3億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

再生可能エネルギーを活用したビットコインマイニング事業を展開しています。

再生可能エネルギーを活用することでマイニングにおける電力の大量消費の課題を解決するビットコインマイニング案件の組成や、再生可能エネルギーを活用した分散型データセンター事業、ブロックチェーン・ソフトウェア開発事業を展開しています。

ビットコインとは、インターネット上で流通する電子的な資産である暗号資産(仮想通貨)のひとつです。

暗号資産は法定通貨や電子マネーなどと違い、特定の発行者・団体が存在せず、ブロックチェーン技術によって管理され改竄されていないことを証明することで、信用を担保しています。

ブロックチェーンは特定の企業・団体などによる中央集権的な運営から脱するため、全世界のコンピューターを網目のようにつなぐことで情報をやりとりするP2Pネットワークを採用しています。

そして、暗号資産の新規発行にあたっては、不特定多数のコンピューターによる複雑な計算を行いブロックチェーン上に記録することが必要となります。

このコンピューターによる計算を行うことをマイニングと呼びます。マイニングを行った者はその報酬として暗号資産を手に入れることができます。

しかしマイニングを行うコンピューターは通常よりも大量の電力を消費することがわかっており、電気代が高い日本では費用対効果が割りに合わないためマイニングはあまり行われていません。

そのためマイニングによって暗号資産を得たい者は、電気代の安い場所でマイニングを行っている事業者に投資をすることでそのリターンを得ています。

これをクラウドマイニングと呼び、クラウドマイニングを手掛ける事業者が多数登場しています。

またマイニングにおいて大量の電力を消費することも問題視されており、世界では再生可能エネルギーを活用したマイニングへの転換が行われています。

最新のテクノロジーを活用したビジネスを展開するには研究開発が必要となります。そのためには豊富な資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受ける方法など、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Fuel Hash クラウドマイニング ビットコイン ブロックチェーン マイニング 再生可能エネルギー 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

データ連携基盤「WorkstyleOS」など提供の「ACALL」が5億円調達
2020年6月29日、ACALL株式会社は、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 オフィスワークにおける様々なスペースへのスマートなチェックインを実現するアプリケーション群「ACALL …
不動産賃貸契約に特化した中小企業向け電子契約サービス「PICKFORM」がリリース
2022年5月18日、株式会社PICKは、「PICKFORM(ピックフォーム)」を開発し、2022年18日からサービスを開始したことを発表しました。 「PICKFORM」は、不動産賃貸契約に特化した、…
専門医による遠隔集中治療ソリューション提供の「T-ICU」が1.53億円調達
2021年1月5日、株式会社T-ICUは、総額1億5,300万円の資金調達を実施したことを発表しました。 遠隔ICU(集中治療室)システムを提供しています。具体的には以下のサービスを提供しています。 …
専用カメラでジム運営をAI化する「GYMDX」を提供する「Opt Fit」が資金調達
2022年7月27日、株式会社Opt Fitは、資金調達を実施したことを発表しました。 Opt Fitは、ジム内に専用AIカメラを設置することでジム運営をAI化するサービス「GYMDX」を提供していま…
メタマテリアルを活用した新しい摂家アルゴリズム「DFM」開発の「Nature Architects」が9,000万円調達
2020年9月30日、Nature Architects株式会社は、総額9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 2020年5月に完了した資金調達と併せ、累計4.15億円を調達しています…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ