注目のスタートアップ

健康管理システム「Carely」開発・運営の「iCARE」が19億円調達

company

2022年2月7日、株式会社iCAREは、総額19億円の資金調達を実施したことを発表しました。

健康管理システム「Carely(ケアリィ)」を開発・運営しています。

企業に眠る健康データ(健康診断・ストレスチェック・産業医面談など)を一元管理するシステムです。

数値情報をひとつの画面で俯瞰的に把握することができるため、データ収集・不調者判定・組織分析にかかる時間を削減することができます。

また健康ビッグデータを活用した健康経営コンサルティングも提供しています。

今回の資金は、健康ビッグデータをより一層活用するプロダクトの開発の加速や、人材採用、組織体制の強化に充当されます。

健康経営とは、従業員などの健康管理を経営的な視点で捉え、経営戦略に役立てることです。

従業員の健康を保つことで生産性を向上させることを目的としています。

健康経営が経営手法のひとつとして注目されている要因としては、従業員の高齢化や人手不足が挙げられます。

健康経営を実現できれば、病気によって休暇を取らざるを得ない人が減りますし、また人材の定着にもつながるでしょう。

従業員の不調は、仕事のやり方や職場の人間関係などに関係があるため、健康経営の実施によってこれらを改善することにより、結果的に働きやすい職場をつくることができます。

また、健康経営は大企業が取り組むものであるというイメージがありますが、人材ひとりひとりの価値の高いスタートアップや中小企業ほど重要であるとも考えられます。

従業員が50名以下の事業所はストレスチェック制度が義務づけられてはいませんが、企業としての成長を目指すのであれば能動的に健康管理を実施したほうがよいでしょう。

そして、適切な健康経営の実施のためには、「Carely」のようなシステムを活用することが重要です。

株式会社iCAREのコメント

このニュースを受けまして、株式会社iCAREよりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

健康データの活用のためのプロダクト開発と人材への投資、ほかマーケティングへの投資を目的にしています。

・今後の展望を教えてください。

「働くひとの健康を世界中に創る」というパーパスのもと、健康データの活用を拡充させるべく、健康管理システム「Carely(ケアリィ)」の開発を加速させてまいります。

Carelyによって、企業が従業員のヘルスケアを充実させ、健全な組織創りに繋げていくことで持続的な事業成長を可能にし、ひいては社会の発展に寄与することを目指しています。

・読者へのメッセージをお願いします。

この度の資金調達に寄せられたiCAREへの信頼と期待に応えられるよう、事業はもちろん、組織としても成長してまいります。引き続き応援よろしくお願いします。

心身の状態は仕事をするために重要です。また、人を雇う場合、自分だけはなく従業員の状態も管理しなくてはなりません。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「総務手帳」では、ストレスチェック実施のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Carely iCARE ケアリィ システム ストレスチェック 一元管理 健康管理 健康経営 健康診断 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

企業・教育機関の「Google Workspace」を活用したDXを支援する「ストリートスマート」が資金調達
2021年4月6日、株式会社ストリートスマートは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、サテライト・オフィス・サービス「ZXY(ジザイ)」を展開する株式会社ザイマックスです。 ストリートス…
ネットでサービスを売れる個人ブランド支援サービス運営の「MOSH」が8億円調達
2022年4月20日、MOSH株式会社は、総額8億円の資金調達を実施しました。 MOSHは、ネットでサービスを売れる個人ブランド支援サービス「MOSH」を運営しています。 個人の持つ技術や情報をオンラ…
上空シェアリングサービス「ソラシェア」運営の「トルビズオン」が9,600万円調達
2022年4月6日、株式会社トルビズオンは、総額9,600万円の資金調達を実施したことを発表しました。 トルビズオンは、空のシェアリングエコノミーサービス「sora:share(ソラシェア)」を開発・…
お金のオンライン・チャット相談プラットフォーム「お金の健康診断」など運営の「400F」が2億円調達
2020年12月24日、株式会社400Fは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 お金のオンライン・チャット相談プラットフォーム「お金の健康診断」や、お金の悩み・疑問を解決するWebメデ…
AI関連技術の活用戦略コンサルティングなどの「connectome.design」とAI人材育成の「スキルアップAI」が業務提携
2020年12月16日、connectome.design株式会社は、スキルアップAI株式会社と業務提携契約を締結したことを発表しました。 connectome.designは、AI関連技術の活用戦略…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ