「スカリー」が企業向け動画制作サービス「ネイティブドラマ」プロジェクトをスタート

tips

2022年1月28日、スカリー株式会社は、「ネイティブドラマ」プロジェクトを開始したことを発表しました。

「ネイティブドラマ」は、企業のリアルなエピソードを、有名人・プロの役者・クリエイターがノンフィクションドラマとして再現するプロジェクトです。

創業当時の出来事や、商品開発エピソード、理念・想いなどをノンフィクションドラマとして形にすることができます。

制作されたドラマは、コーポレートサイトや公式SNSなど様々なところに掲載することができます。

スカリーは他に、有名人を起用した、ブランディング、商品・サービス訴求、地域活性化のサポートを行うサービス「47キャスティングパートナーズ」を展開しています。

動画コンテンツは、テキストの約5,000倍の情報量があるとされています。たとえば1分間の動画は180万文字に匹敵するため、情報発信において非常に有効です。

また、スマートフォン・動画プラットフォーム・SNSの普及によって、消費者は動画コンテンツに触れる機会が多くなっています。

そのため企業では動画広告を打つことが増えていますが、動画広告はPR色が強く押しつけがましいものとして嫌がられてしまうこともあります。

とはいえ近年は多くの市場が成熟期にあるため、プロダクト自体での差別化が難しくなっており、マーケティングの重要性が相対的に高まっています。

そのため商品のPRや広告ではない手段でのマーケティングが求められており、そこで注目されているのが企業ブランディング(コーポレートブランディング)です。

ブランディングとは、商品のサービスの認知度を上げたり、デザインを統一したりすることで、その商品の市場での存在感を印象づけるような施策を思い浮かべるかもしれません。

一方で企業ブランディングとは、企業全体としてのメッセージを発信し、企業そのものの価値・イメージを高めていくための取り組みを指します。

企業ブランディングでは様々な施策が考えられますが、そのひとつとして注目されているのがストーリーテリングです。

ストーリーテリングとは、企業の理念・想いなどのメッセージを、“物語”を“語る”ことによって示す手法です。

物語は人間の記憶・印象に残りやすく、また優れた物語は多くの人びとの共感を呼びます。

そのため企業ブランディングにおいてストーリーテリングは効果的な手法と考えられており、「ネイティブドラマ」のようなサービスが登場しているのです。

プロダクトの販売のためにはPRやマーケティングが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期でも行えるWebを活用したPRノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ 47キャスティングパートナーズ クリエイター スカリー ストーリー ストーリー・テリング ネイティブドラマ ブランディング プロジェクト 制作 動画 動画制作 株式会社
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

独自開発IoTデバイスを活用したOMOマーケティングなど展開の「アドインテ」が21.25億円調達
2020年6月8日、株式会社アドインテは、総額21億2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 独自開発したIoT端末「AIBeacon」を活用したOMOマーケティングや、リテール・メディ…
プロジェクト・マッチング・プラットフォーム「TEAMKIT」など運営の「Lbose」が資金調達
2020年3月24日、株式会社Lboseは、資金調達を実施したことを発表しました。 プロジェクト・マッチング・プラットフォーム「TEAMKIT(チームキット)」や、オンライン開発チーム「ATTEND …
YouTubeアニメを制作・配信する「Plott」が資金調達
2021年6月14日、株式会社Plottは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社小学館です。 Plottは、オリジナルのアニメーションコンテンツを制作し、YouTube上で配信し…
家庭菜園の悩み相談&野菜ソムリエによる料理レシピ動画サービス「アグティーLite」がリリース
2021年12月9日、株式会社井上寅雄農園は、「アグティーLite」をリリースしたことを発表しました。 「アグティーLite」は、農家にLINEによって家庭菜園についての悩みを相談でき、また野菜ソムリ…
製造業人材向けスキル・教育管理ツール「SKILL NOTE」の運営元が1.2億円調達
2019年7月19日、株式会社イノービアは、総額1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 製造業の人材成長に貢献するスキル・教育管理ツール「SKILL NOTE(スキルノート)」を運…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ