注目のスタートアップ

高機能性ペプチドDRPを用いた創薬を展開する「Veneno Technologies」が2億円調達

company

2022年1月25日、Veneno Technologies株式会社は、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。

高機能性ペプチドDRPを用いた創薬を中心に事業を展開しています。

DRP分子の実用化を可能にする、「圧倒的なDRP遺伝子型ライブラリ」、「新しいDRPハイスループットスクリーニング技術PERISS」、「DRP量産技術」の3つの基盤技術を開発し、オーダーメイドで設計されたペプチドの提供や、研究開発を行っています。

今回の資金は、採用・組織体制の強化、独自のペプチド創薬プラットフォーム技術のさらなる発展、DRP機能性ペプチドを基盤分子とする自社創薬パイプラインの研究開発に充当されます。

ペプチドとは、いくつかのアミノ酸が結合した化合物です。

ホルモンや伝達物質など生体内で重要な生理作用を担うものが多く、血糖値を調整するインスリンや鎮痛作用のあるエンドルフィンは広く知られています。

このペプチドを利用した医薬品をペプチド医薬品と呼び、低分子医薬品は開発の限界が見えてきたことにより、新たな医薬品として近年注目されています。

Veneno Technologiesが注目するDRP(Disulfide-Rich Peptide, ジスルフィドリッチペプチド)とは、毒液の主要な成分であるペプチドです。

強固な構造により、pH、熱、酵素に対して強いという特性を持っています。

毒液は微量でも強力に作用するよう進化してきたものであるため、DRPの研究は新たな創薬につながるものとして注目されています。

しかしDRPはその複雑な構造から製造や合成が難しいという課題があります。

大量かつ安価な生産ができなければDRP創薬における研究開発が進まないため、Veneno Technologiesは大腸菌を用いたDRPの新規の大量生産法を開発しています。

他にもDRP創薬に役立つ基盤技術を複数保有しており、またその技術は別のターゲットに活用できることも確認しています。

研究開発型のビジネスは、資金調達が非常に重要です。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ DRP Veneno Technologies ペプチド ペプチド医薬品 創薬 創薬プラットフォーム 株式会社 資金調達 高機能性ペプチドDRP
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

超小型人工衛星を活用した新たな宇宙利用の実現を目指す「ASTROFLASH」が資金調達
2020年12月7日、株式会社ASTROFLASHは、資金調達を実施したことを発表しました。 超小型人工衛星(CubeSat)を活用した新たな宇宙利用の実現を目指しています。 具体的には、多くの人が体…
医薬品情報プラットフォームを開発する「MediFrame」が8,000万円調達
2022年4月5日、株式会社MediFrameは、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 MediFrameは、医薬品情報プラットフォーム「MediFrame」を開発しています。 …
有名人に動画メッセージを依頼できる「VOM」運営の「Wunderbar」が5,000万円調達
2022年1月11日、株式会社Wunderbarは、総額約5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 有名人に動画メッセージを依頼できるエンタメギフトサービス「VOM(ヴォム)」を運営して…
東京アート・シーンを伝える「アートビート」がアート×ブロックチェーンの「スタートバーン」のグループ会社に
スタートバーン株式会社は、株式会社アートビートをグループに迎えたことを発表しました。 スタートバーンは、ブロックチェーン技術を活用し、アート作品の証明書や来歴管理など、流通を支えるインフラの構築を行っ…
習慣化アプリ「Keeep」運営の「LAETIA」が資金調達
2021年5月27日、株式会社LAETIAは、資金調達を実施したことを発表しました。 本気の人のための習慣化アプリ「Keeep」を運営しています。 お金を無駄にしたくないという人間の心理を利用し、お金…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ