注目のスタートアップ

低コスト細胞培養技術「CulNet System」の生産プラットフォーム化を目指す「インテグリカルチャー」が7.8億円調達

company

2022年1月20日、インテグリカルチャー株式会社は、総額7億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

独自開発の低コスト細胞培養技術「CulNet System」の生産プラットフォーム化を目指しています。

「CulNet System」は、動物体内の臓器間相互作用を模した環境を擬似的に構築することで、様々な利用範囲を持つ細胞を培養できる技術です。

理論的にはあらゆる動物細胞を大規模かつ安価に培養することができます。

今回の資金は、細胞農業生産プラットフォームの構築に充当されます。2022年度は、世界初の培養フォアグラ量産化上市のための研究開発と事業展開を行います。

畜産の倫理的な課題は言うまでもありませんが、家畜を育ててそれを食べるということは効率の悪い食料生産の方法でもあります。

また、牛のげっぷは温室効果ガスであるメタンガスを多く排出し、それが地球温暖化の促進要因であるといわれています。

そのため畜産はクリーンな食料生産への転換が求められており、世界では大豆・昆虫・藻などを利用した代替タンパク質の開発・提供が進められています。

また、肉の細胞を培養することでクリーンな食肉をつくるという取り組みも行われています。

これは細胞農業と呼ばれており、複数のスタートアップが開発を進めています。

細胞農業では実際の動物と関わることなく、動物の細胞を培養することで、肉そのものをつくりだすことを目的としています。

生産過程にまったく動物が使われていないため倫理的な課題が生じませんし、実際に動物を飼育するよりも環境負荷が小さいことが大きなメリットです。

また細胞培養技術を応用すれば、食料以外の生産も可能であるため、多くの投資家に注目されている領域でもあります。

とはいえいまだ細胞農業は培養コストが高いため、完全に畜産の食肉を代替するには時間がかかると見込まれています。

インテグリカルチャーは、低コストかつ大量に培養できる細胞培養プラットフォームを構築し、食品加工メーカーなどに提供することで、細胞農業全体の活性化を目指しています。

SDGsは大きなビジネスチャンスとなり得ます。世界に先んじて革新的なプロダクトを開発できれば、大きなシェアを獲得できるでしょう。そのためには開発やマーケティングのために豊富な資金が必要となります。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CulNet System SDGs インテグリカルチャー プラットフォーム 代替タンパク質 動物 培養 培養肉 株式会社 環境 細胞 細胞農業 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

外国人材向けオンライン学習・キャリア支援サービス提供の「Linc」が8,000万円調達
2020年4月27日、株式会社Lincは、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 中国人向け進学Eラーニング・サービス「LincStudy」や、優秀層のインバウンド・タレントに特化…
点群データの自動モデリングツール「Modely」など開発の「DataLabs」が1.3億円調達
2022年2月16日、DataLabs株式会社は、総額1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 点群データの自動モデリングツール「Modely(モデリー)」(3月末リリース予定)や、…
セミパーソナルジム「FLATTE」運営の「ファノーヴァ」が資金調達
2021年11月25日、株式会社ファノーヴァは、資金調達を実施することを発表しました。 OMO型セミパーソナルジム「FLATTE(フラッテ)」を運営しています。 1回370円から通うことができる1対少…
サブスクリプション・ビジネス効率化・収益最大化プラットフォーム「Scalebase」運営の「アルプ」が3.15億円調達
2020年3月23日、アルプ株式会社は、総額3億1,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 企業におけるサブスクリプション・ビジネスの効率化・収益最大化を支援するプラットフォーム「Scal…
音楽領域のスタートアッププログラム「Music StartUp Incubation」が開催決定 エントリー締切は10/2
2021年8月19日、Studio ENTRE株式会社は、「Music StartUp Incubation」プログラムを開講することを発表しました。 「Music StartUp Incubatio…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ