注目のスタートアップ

細管内の走行・撮影が可能なミミズ型ロボット開発の「ソラリス」が1.6億円調達

company

2022年1月19日、株式会社ソラリスは、総額1億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

細管内の走行・撮影が可能なミミズ型ロボットを開発しています。

独自開発の人工筋肉によりミミズのような蠕動運動を再現することで、人間や他のロボットでは侵入の難しい細いパイプの走行が可能なロボットです。

カメラを搭載しているため細管内の撮影が可能なほか、インフラ・工場・プラント・ビル配管の点検・清掃に活用することができます。

また、蠕動運動を活用することで高粘度・固液混相流体の混合・搬送を実現するポンプロボットの開発も行っています。

今回の資金はこれらロボットの開発と実用化・製品化に充当されます。

ミミズには100を超える体節があり、それらひとつひとつを順番に伸縮させることで身体を移動させています。

この運動を蠕動運動(ぜんどううんどう)と呼び、人間の食道・腸も同じ運動を行っています。

蠕動運動による移動は速度が遅いという欠点がありますが、移動に必要な空間がもっとも小さいというメリットがあります。

ソラリスはこの蠕動運動を再現することにより、パイプなどの狭い空間でも移動することができるロボットを開発しています。

現在、配管の清掃においては、高圧の水・空気・専用ブラシを流す高圧洗浄、化学薬品による洗浄、ウレタンや金属素材のボールを複数流すピグと呼ばれる洗浄などが行われています。

また換気を目的としたダクトの場合は専用の機械によって粉塵などを吸い込む清掃方法などが採用されています。

しかしこれらの方法では、小さな配管や湾曲部が多い場合は完璧に清掃することができません。

また小さな配管や湾曲部が多い配管は、点検においても課題があります。

ソラリスのミミズ型ロボットはこれらの課題を解決するロボットとしての実用化が期待されています。

ロボットなどの研究開発には潤沢な資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ インフラ カメラ ソラリス パイプ ミミズ型ロボット ロボット 人工筋肉 工場 株式会社 清掃 点検 蠕動運動 資金調達 配管
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

リモート人材事業の「キャスター」が資金調達
2020年1月8日、株式会社キャスターは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、ディップ株式会社です。 オンライン・アシスタント・サービス「CASTER BIZ」、在宅勤務スタッフを派遣す…
スポーツ・チームや選手に投げ銭(ギフティング)できるサービス提供の「エンゲート」が資金調達
2020年11月2日、エンゲート株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 スポーツ・チームや選手に、応援する気持ちをギフティング(投げ銭)できるサービス「エンゲート」を提供しています。 10…
運転代行マッチング・プラットフォーム「AIRCLE」運営の「Alpaca.Lab」が7,000万円調達
2020年3月9日、株式会社Alpaca.Labは、総額約7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 運転代行マッチング・プラットフォーム「AIRCLE(エアクル)」を開発・運営しています…
デジタル・トランスフォーメーション・プラットフォーム運営の「テックタッチ」が1.2億円調達
2019年9月18日、テックタッチ株式会社は、総額1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 大企業向けデジタル・トランスフォーメーション・プラットフォーム「テックタッチ」を開発・提供…
アート作品のためのブロックチェーン証明書「Cert.」など展開の「スタートバーン」が11.2億円調達
2021年5月12日、スタートバーン株式会社は、総額11億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 アート流通のためのブロックチェーンインフラ「Startrail」や、アート作品の信頼性…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ