注目のスタートアップ

感興特化型デジタル通貨「ルーラコイン」や「ルーラNFT」を提供する「ルーラ」が資金調達

company

2022年9月15日、株式会社ルーラは、資金調達を実施したことを発表しました。

ルーラは、観光特化型デジタル通貨「ルーラコイン」と「ルーラNFT」を提供しています。

「ルーラコイン」は、全国の観光地で横断的に利用できる観光に特化した地域デジタル通貨です。

デジタル通貨とプレミアムポイント(キャンペーンごとに付与されるポイント)で構成されており、ユーザーはルーラコインをスマートフォンにチャージし、加盟店での買い物で利用できます。

チャージすることでプレミアムポイントが付与されるほか、ルーラコイン限定の宿泊プランやアクティビティなどを提供しています。

加盟する観光地側は、ルーラが運営する観光DAOに参加することで、収益分配だけでなく、自動的に寄付される決済金額の1%で集まった観光支援予算を活用し、新たな観光商品の開発や、観光地の整備、観光PRなどの起案や投票ができます。

「ルーラNFT」は、全国の観光地の観光資源をNFT化したものです。

ユーザーのスマホの位置情報を活用し、現地でしか購入できない仕様となっています。

今回の資金は、ルーラNFTのコンテンツ開発を含むプロダクトの強化、マーケティング施策の強化、人材採用の推進に充当します。

地域通貨とは自治体などが発行する地域限定で決済手段として利用できる通貨であり、その地域の消費の促進や相互扶助を目的としています。

国内では1990年代後半から2000年代前半に大きなブームとなりました。

地域通貨はその運営に大きなコストがかかることから衰退していったのですが、近年になって再度注目が高まっています。

近年注目されている地域通貨は主にキャッシュレス決済の仕組みを応用して実装されています。

従来の地域通貨よりも発行・運営にコストがかからず、また柔軟な運用が可能なことから、地域経済の活性化のために導入を決定する自治体などが増加しています。

ルーラの「ルーラコイン」は、こうしたデジタル地域通貨のひとつであり、暗号資産(仮想通貨)の基盤技術であるブロックチェーンを活用していることを特徴としています。

ブロックチェーンは、システムの運用にコストがかからないという特徴を持っており、さらに暗号資産のやり取りに銀行が介在しないため手数料が大きく抑えられます。

地域通貨は利用先をその地域に限定することで消費を地域経済に還元するというコンセプトなのですが、「ルーラコイン」は全国の観光地で横断的に使えるという特徴を持っています。

その代わり、チャージ時にポイントが付与される、特別なコンテンツを提供している、1%が観光地に還元されるといった仕組みにより、ユーザーの利用を促進しています。

観光などにおける課題をを解決するにはさまざまな企業・自治体との協力が欠かせません。そのため自社とのシナジーが高そうな企業などに積極的にアプローチをかけることが重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、人脈を広げるためのネットワークづくりや商工会議所の活用法について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ DAO NFT キャンペーン デジタル地域通貨 デジタル通貨 ブロックチェーン ポイント ルーラ ルーラNFT ルーラコイン 仮想通貨 地域通貨 宿泊 暗号資産 株式会社 観光 買い物 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

クラウド・オフィス「RISA」運営の「OPSION」がクラウドソーシングの「クラウドワークス」と資本業務提携
2020年10月26日、株式会社OPSIONは、株式会社クラウドワークスと資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 OPSIONは、バーチャル空間上のオフィス「RISA」を運営しています。 クラ…
金融包摂型FinTechベンチャーの「Global Mobility Service」が17億円調達
2019年9月2日、Global Mobility Service株式会社は、総額約17億円の資金調達を実施したことを発表しました。 IoTデバイスと管理プラットフォームを車に搭載することで、これ…
VR酔いを防ぐ移動技術を保有する「UNIVRS」が1億円調達
2020年7月30日、株式会社UNIVRSは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 特許出願中のVR酔いを防止する移動技術を保有しています。 今回の資金で、現在進めている以下の事業の拡…
個人資産管理サービスなど提供の「マネーツリー」が資金調達
2020年4月28日、マネーツリー株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 金融資産を一元管理できる個人資産管理サービス「Moneytree」や、企業向けの金融データプラットフォーム「MT …
金融機関における債権管理・督促回収業務をワンストップで支援する「Lecto」が1億円超調達
2021年3月22日、Lecto株式会社は、総額1億円超の資金調達を実施したことを発表しました。 金融事業の複雑なオペレーション設計や属人的になりがちな債権管理・督促回収業務を一貫して支えるプロダクト…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ