注目のスタートアップ

農業向け自動運送ロボットなど開発の「輝翠TECH」が資金調達

company

2021年12月22日、輝翠TECH株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

また、農林水産省や青森市などが実施する複数の支援事業に採択されたことも併せて発表しました。

りんご農家などにおける収穫物の運搬を支援する自動運送ロボットの開発や、農場における果樹の病害虫の発見や樹勢の調査を行う自動パトロールロボットの開発などを行っています。

日本の農業は、少子化・後継者不足による人手不足や、高齢化による生産性の低下、中山間地区が多いことによる過酷な環境、近年の気候変動など、様々な課題を抱えています。

人手不足・生産性の低下を解決するために有効なのが農業用ロボットの活用です。

これまでトラクターといった農業機械はありましたが、みかん畑など農業機械が適用できない環境があることや、機械が高価であることが課題でした。

最新のロボット技術やICTを活用することで、現在の農業機械よりもさらなる省力化・高品質生産を実現することができるため、多くのスタートアップが参入しサービスを提供しています。

なかでも大きな省力化につながるのが、ロボットによる自動化です。

農業の現場はそれぞれ環境が異なるため技術的なハードルが高いのですが、近年のAI技術の向上によって自律走行や農作物の画像分析などが可能となってきました。

今後も農業の課題を解決するため様々なテクノロジーが活用され、ユニークなサービスが登場することが予測されます。

ロボティクスにおいては宇宙産業など異業種からの参入もあるため、非常に注目の市場といえるでしょう。

研究開発には潤沢な資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ アグリテック ロボット 株式会社 自動 自動運送ロボット 資金調達 輝翠TECH 農業
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

観光・宿泊産業のDXを推進する「Tabist」(旧:OYO Japan)が5億円調達
2022年4月21日、Tabist株式会社は、5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、JICベンチャー・グロース・インベストメンツ株式会社が運営する、JICベンチャー・グロース・ファ…
コスメEC「NOIN」運営の「ノイン」が8億円調達
2019年7月8日、ノイン株式会社は、総額約8億円の資金調達を実施したことを発表しました。 化粧品ECプラットフォーム「NOIN」を運営しています。 メイクアップ術や、メイクの悩みを解決するオリジナル…
「プレイド」が「ランサーズ」と業務提携しフリーランス向けCX教育プログラム「KARTE CXパートナープログラム」を提供開始
2020年10月12日、株式会社プレイドは、ランサーズ株式会社と業務提携したことを発表しました。 この提携により、フリーランス向けの教育プログラム「KARTE CXパートナープログラム」の提供を開始し…
請求書をアップロードして資金調達「yup」β版の事前登録受付けを開始
2019年8月5日、yup株式会社は、「yup(ヤップ)」β版の事前登録の受付けを開始したことを発表しました。 「yup」は、請求書をアップロードするだけで、資金調達ができるサービスです。 請求書1通…
エンターテインメント・ソリューション事業展開の「セガ エックスディー」とゲーム・アプリ開発の「オルトプラス」が業務提携
2020年10月26日、株式会社セガ エックスディーは、株式会社オルトプラスと共同で、「GDX(Gamification for Digital Transformation)」を開始したことを発表し…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ