注目のスタートアップ

車中泊スポットのシェアリング・サービスなど運営の「Carstay」が1.1億円調達

company

2021年12月1日、Carstay株式会社は、総額約1億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

キャンピングカーと車中泊スポットのシェアリングサービス「Carstay」や、バンライフ情報メディア「バンライフジャパン」を運営しています。

今回の資金は、「Carstay」の顧客満足度向上のための施策や、プロダクトの強化や新規事業の立ち上げのための人材採用に充当されます。

バンライフとは車を中心としたライフスタイルを指します。

2011年、Instagramで「#vanlife」というハッシュタグを初めて使い車上生活を発信したフォトブロガーであるフォスター・ハンティントン氏が火付け役となり、バンライフは大きなムーブメントとなりました。

ミニマムな暮らしとアウトドア性を両立させるものとして、日本でもブロガー・YouTuber・インスタグラマーなどのインフルエンサーが中心となってバンライフを実践しています。

バンライフは、好きな場所に移動できることや、家賃がかからないこと、毎日に刺激があることなどがメリットとなっています。

一方デメリットも多く、ゴミ捨ての問題、天候・季節の問題、駐車場の問題、水回りの問題などがあります。

道の駅などでは車中泊を禁止しているところも多く、快適に車中泊ができるスポットを網羅しているポータルサイトなどはバンライフを実践している人にとっては必須のものとなっています。

また、新型コロナウイルス感染症の流行によりテレワークが普及し、住む場所に縛られない生き方を選択する人も増えています。

たとえば、住居のサブスクリプションサービスが登場して注目されるなど、自由な生き方を実現するサービスは今後も増加していくでしょう。

Carstay株式会社のコメント

このニュースを受けまして、Carstay株式会社よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的はなんですか?

主に今後のバンライフ事業の更なる拡大に向けて、プロダクトの強化や新規事業の立ち上げを目的として、エンジニアおよびカスタマーサクセス担当の採用のためです。

地方自治体や地方の事業者への営業も強化し、各地でバンライフを介した地方活性化も視野に、長期的なプロジェクトとした事業を展開していきます。

・今後の展望を教えください。

昨今、新たな旅行スタイルとしてのバンライフが注目されています。
さらに、クルマの自動運転やEV化が進むことで、今後は一ライフスタイル、より大きな意味、より生活に浸透したライフスタイルとしての「バンライフ」に注目が集まると思っています。

そんな中で、Carstayの社会での役割は大きくなってきます。
VCや大企業の方々が、Carstayの存在意義やビジョンをバックアップしてくださることで、バンライフの浸透はより加速します。

今回の資金調達は大変大きな一歩だと考えています。
いつでも、だれもが自由な場所、好きな人たちと過ごせるという、自由で豊かな未来を実現するため、Carstayはバンライフを通じて、全国各地に新たな文化と市場を創造して参ります。

2025年までに、100万人ものユーザーに利活用されるバンライフのプラットフォームになることを目指しています。

・読者へのメッセージをお願いします。

今後、これまで主に“足”として見られていなかったクルマですが、クルマに対するこれまでの固定概念をなくし、応用利用することで、クルマの使い方は“進化”します。

それに加え、クルマは自動運転やEV化、内装の変化により、より深くみなさんの生活に入り込み、“相棒”のような存在になると予想しています。

ぜひ、まずは、自由に動ける「動く家」「動くホテル」「動くオフィス」として「Carstay(https://carstay.jp/ja)」に登録されているキャンピングカーや車中泊仕様のクルマをご活用いただき、新しいクルマの存在価値を発見するために、バンライフを体感してみませんか?「もはやこれは、クルマではないのでは?!」を感じられるかと思います。

起業においても役立つシェアリングサービスがあります。「冊子版創業手帳」では、創業期におすすめのシェアオフィスやコワーキングスペースなどのオフィス形態について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Carstay VANLIFE VANLIFE JAPAN カー・シェアリング カーステイ キャンピングカー シェアリング バンシェア バンライフ 株式会社 資金調達 車中泊
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

メディア向け無料音声化/音声広告配信ネットワーク・サービス「Audiostart」運営の「ロボットスタート」が1.6億円調達
2021年3月16日、ロボットスタート株式会社は、総額1億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 メディア向け無料音声化/音声広告配信ネットワーク・サービス「Audiostart」を運…
人材紹介会社向けの求人流通プラットフォームなど提供の「ROXX」が5億円調達
2020年2月19日、株式会社ROXXは、総額5億円の資金調達を発表しました。 人材紹介会社向けの求人流通プラットフォーム「agent bank」や、月額定額制リファレンス・チェック・サービス「bac…
飲食店特化のオンライン・ショップ制作(Web決済)サービス「eEAT(イート)」がリリース
2020年6月4日、株式会社グルメパートナーズは、「eEAT(イート)」を2020年6月2日(火)からスタートしたことを発表しました。 「eEAT」は、飲食店向けに、最短2日で、テイク・アウトやデリバ…
リアル店舗向け顧客管理/販売促進プラットフォーム「toypo」提供の「トイポ」が資金調達
2021年7月29日、株式会社トイポは、資金調達を実施したことを発表しました。 リアル店舗向け顧客管理/販売促進プラットフォーム「toypo」を提供しています。 アプリを通じて、スタンプカードや、クー…
独自開発有機培土と高機能環境制御ハウスにより高糖度ミニトマトを生産・販売する「OSMIC」が「三菱地所」と資本業務提携
2021年10月19日、株式会社OSMICは、三菱地所株式会社と資本業務提携に合意したことを発表しました。 これにより、三菱地所とOSMIC創業者を引受先とした第三者割当増資により、総額約12億5,0…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ