建築建材の総合検索プラットフォーム「Arch-LOG」提供の「丸紅アークログ」が6.9億円調達

company

2021年11月8日、丸紅アークログ株式会社は、総額6億9,930万円の資金調達を実施したことを発表しました。

建築建材総合検索プラットフォーム「Arch-LOG(アークログ)」を提供しています。

約120万点(2021年10月時点)建設建材が登録されており、素材・メーカー・キーワードなどで必要なものを検索できるプラットフォームです。

複数のメーカー製品を比較しながら選べるため、膨大なカタログのなかから手作業で比較する必要がありません。

サンプル請求も異なるメーカーの建設建材であっても1クリックで完了することができます。

また建設建材の検索のほか、デジタルマテリアルボード作成機能や、高精細CG画像をリアルタイムで生成できるBIMレンダリング機能も備えています。

今回の資金は、「Arch-LOG」のユーザビリティをより向上させるための既存システムのバージョンアップや、新機能開発などに充当されます。

建設業界ではBIMの活用が進んでいます。

BIMとはBuilding Information Modelingの略で、コンピューター上に現実と同じ建物の3Dモデルを立ち上げ、各部材の仕様・サイズをはじめ、設計から施工までの各工程において必要な情報を可視化・管理するシステムです。

従来の図面をもとにした設計では、どこか1カ所に変更があると、平面図、立体図、断面図、建具表など、各図面の該当箇所をそれぞれ修正する必要があります。

しかしBIMの場合は3Dモデルの情報を書き換えるだけですべての図面・表の変更が完了されます。

もちろんBIM以前にも3Dモデルを作成する3D CADというシステムがありましたが、3D CADの場合は、平面の図面を作ってから3次元の形状に組み立て、CGでシミュレーションを行うという仕様が一般的でした。

そのためBIMのように修正があった場合でもひとつずつ修正していく必要があったのです。

また、建設業界では建設建材の選定が大きな課題となっています。

アナログのカタログは検索性が劣っているほか、保管する場所の問題もあります。

比較検討する際も、メーカーごとに説明・表現が違うため、正しい比較ができないという現状があります。

そのため、建設建材においては複数メーカー製品を横断的に検索できるデータベースやプラットフォームが求められています。

「Arch-LOG」は、このカタログの一元化とBIMの推進を一挙両得で実現するサービスといえます。

効率化はどの業界でも大きな課題となっています。創業期は最新のシステムを導入できる機会でもあるため、自社に合ったシステム・ツールを選定・導入するとよいでしょう。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Arch-LOG カタログ プラットフォーム 丸紅アークログ 建材 建築 株式会社 検索 資金調達
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

発芽大豆由来の植物肉「ミラクルミート」開発・製造の「DAIZ」が「農林中央金庫」から出資受け入れ
2021年3月25日、DAIZ株式会社は、農林中央金庫からの出資を受け入れたことを発表しました。 DAIZは、発芽大豆由来の植物肉「ミラクルミート」を開発・製造しています。 大豆の発芽という生理現象を…
「カヤックLiving」が地域の人にオンラインで移住相談ができるサービスをリリース
2019年10月17日、株式会社カヤックLivingは、「SMOUTオンライン移住相談」をリリースしたことを発表しました。 「SMOUTオンライン移住相談」は、無料で700名以上の地域の人にオンライン…
民泊借上げ事業展開の「matsuri technologies」が5.8億円調達
2019年10月14日、matsuri technologies株式会社は、総額5億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 民泊借上げ事業や、民泊運用事業、空間開発事業、民泊管理ツール…
Web・アプリのマーケティング・プラットフォーム提供の「Repro」が30億円調達
2020年2月13日、Repro株式会社は、総額約30億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Web・アプリのマーケティング・プラットフォーム「Repro」を提供しています。 Web・アプリのデ…
「ライトアップ」が「ENECHANGE」と連携 補助金・助成金自動診断システム「Jシステム」のOEM提供を開始
2021年8月16日、株式会社ライトアップは、ENECHANGE株式会社と業務提携契約を締結したことを発表しました。 ライトアップは、助成金自動診断ツール「Jシステム」や、補助金・助成金活用支援「Jコ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ