【東京】「躍進的な事業推進のための設備投資支援事業(第2回)」助成金 11/11締切

subsidy

2021年10月24日、公益財団法人東京都中小企業振興公社は、「躍進的な事業推進のための設備投資支援事業(第2回)」の公募を開始したことを発表しました。

変化・変革に正面から向き合い、先端技術を活用して持続的発展を目指す中小企業者等が、“更なる発展に向けた競争力の強化”・“デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進”・“イノベーションの創出”・“後継者による新たな取り組み”に必要となる機械設備等を導入するための経費の一部を助成するものです。

【助成率・助成限度額】

事業区分 申請者区分 助成率 助成限度額 助成下限額
競争力強化 中小企業者 A 1/2以内 1億円 100万円
小規模企業者 B 2/3以内 3,000万円
DX推進 C 1億円
イノベーション D
後継者チャレンジ E

【概要】
「主な申請資格」
・2021年10月1日現在で東京都内に登記簿上の本店または支店があり、都内で2年以上事業を継続している中小企業者等
「助成対象業種」
・すべての業種
「助成対象期間」
・2022年4月1日~最長2023年9月30日(交付決定日の翌月1日から1年6カ月間)(この期間中に契約、設置、支払いまで完了する必要があります)
「助成対象経費」
・機械装置、器具備品、ソフトウェアの新たな導入、搬入・据付等に要する経費

【申請予約締切】
2021年11月11日(木)17時まで

AI・ブロックチェーンなど最新のテクノロジーの登場や、気候変動などの環境的なリスクが高くなり、変化の激しい時代となっています。

このような時代では硬直した組織では変化に対応できず大きな損失を生んでしまうため、DX(デジタルトランスフォーメーション)が必要です。

DXは単純にデジタル化と解されることもありますが、そうではありません。

DXとは、デジタル化やテクノロジーの活用によって、企業・組織を根本的に作り変えることを指します。

作り変えることによって目指すのは、新たな時代に対応できる柔軟な企業・組織です。

ものづくり企業でのDXではソフトウェア面の変革だけでなく、機械設備などハードウェア面での変革も必要となります。

機械設備は高価なものが多く、また複数台あることも少なくないため、ソフトウェアの変革よりも資金面でのハードルが高いケースが多いでしょう。

そのため政府・自治体は、設備投資に対する補助金・助成金を多数用意しています。

創業期は自分の好きなようにシステムを導入できることが大きなメリットです。「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ DX 助成金 東京都 機械設備 補助金 設備 設備投資 躍進的な事業推進のための設備投資支援事業
詳細はこちら

【東京都】大型設備投資の助成金、第2回公募をスタート(11月11日まで)

補助金ガイド
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「フューチャーベンチャーキャピタル」がAI教育や研究開発事業を展開する「Morning Project Samurai」に出資
2022年6月6日、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社は、株式会社城南未来ファンド他と共同で設立した「しらうめ第1号投資事業有限責任組合(城南創業支援ファンド)」より、Morning Proje…
ピッチ・イベント「earthkey pitch」企画・運営の「アースキー」が「電通」と事業連携 新規事業支援を強化
2021年1月12日、株式会社アースキーは、株式会社電通と事業連携を行うことを発表しました。 アースキーは、DX関連スタートアップによるピッチ・イベント「earthkey pitch」の企画・運営など…
ダイナミックプライシングサービスなどを提供する「メトロエンジン」が10億円調達
2022年5月11日、メトロエンジン株式会社は、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 メトロエンジンは、ホテル・宿泊施設向けのレベニューマネジメントを支援するツール「メトロエンジン レ…
無人ストア事業展開の「600」がマンション専用新サービス「Store600」の提供を開始
2021年4月26日、600株式会社は、「Store600(ストアろっぴゃく)」を、日鉄興和不動産株式会社の分譲マンション「グランリビオ明野南ヒルトップ」の共同設備として、4月20日からサービス提供を…
「SOICO」がベンチャー向け融資・助成金の調達代行サービスを開始
2020年4月10日、SOICO株式会社は、ベンチャー企業経営者向けに融資・助成金の調達代行サービスを開始したことを発表しました。 このサービスは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響による資金繰り悪化…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ