「環境エネルギーイノベーションコミュニティ」立ち上げ 実践型イノベーションプログラム参加スタートアップを募集 9/30締切

subsidy

2021年9月1日、U3イノベーションズ合同会社は、CIC Tokyoと共同で「環境エネルギーイノベーションコミュニティ」を立ち上げ、実践型イノベーションプログラム第1期に参加するスタートアップの募集を開始したことを発表しました。

「環境エネルギーイノベーションコミュニティ」は、環境エネルギー分野のイノベーション創出を加速させることを目的としたコミュニティです。

スタートアップの創出支援・探索や、成長支援、特定の社会課題を設定した上での実践型イノベーションプログラムの実施を行います。

2021年度1つ目の実践型イノベーションプログラムの社会課題は「住宅の脱炭素化」です。

この課題ではコアメンバーである積水化学工業株式会社と他1~2社との協業に取り組みます。

応募資格
・設立して10年以内のスタートアップであること、または企業の中で新規事業を検討してる部門であること
・「Issue 1: 住宅の脱炭素化」に関心をもち、環境エネルギースタートアップコミュニティのコアメンバーとの協業を希望していること
・実践型イノベーションプログラムへの参加にあたり、事務局(CIC Toranomon合同会社及びU3イノベーションズ合同会社)の指示に従う意思があること

公募期間:2021年9月1日から2021年9月30日23:59まで

詳細な課題説明は、コアメンバーから行われます。
・2021年9月17日(金)18:00-19:30(参加申込はHPから)

2020年10月、政府は2050年までに脱炭素社会実現し、温室効果ガスの排出を実質ゼロにすることを目指す「2050年カーボンニュートラル宣言」を掲げました。

住宅においては、国土交通省の資料によると新築戸建住宅のうち省エネ基準に適合している住宅は、2019年時点で約85%、新築共同住宅では約72%となっています。

新築戸建住宅では、建物の外側の断熱性能などの大幅な向上、高効率な設備システムの導入、再生可能エネルギーの導入により、年間の1次エネルギー消費量の収支をゼロにすることを目指した住宅であるZEHの推進などの取り組みが進められています。

しかし中古物件のうち省エネ基準に適合している住宅は2018年度時点で約11%しかなく、無断熱の住宅も約30%あります。

そのため、中古物件に対する脱炭素化のイノベーションが必要となっています。

アクセラレータープログラムなどでは、他企業との協業も期待できます。自社にはないリソースを活用できるため、ビジネスを大幅に成長させることもできるでしょう。「冊子版創業手帳」では、協業できる会社を見つけるための一歩として、人脈を作るためのノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ 2050年カーボンニュートラル宣言 CIC Tokyo U3イノベーションズ イノベーション プログラム 不動産 住宅 環境エネルギーイノベーションコミュニティ 脱炭素化
詳細はこちら

環境エネルギーイノベーションコミュニティのスタートアップ募集開始

この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

住宅ローン比較アプリ「モゲチェック」の運営元が3.3億円調達!
平成30年3月30日、株式会社MFSは、総額3億3,000万円の資金調達を実施しました。 資金調達にあわせて、BtoBtoC型サービスの「モゲチェックPLUS」を発表しました。 不動産会社は不動産を購…
「アプリコット・ベンチャーズ」が創業準備中/創業期の起業家向けの無料オフィス支援プログラム「FLAP」第9期の募集を開始
2020年6月1日、株式会社アプリコット・ベンチャーズは、「FLAP」の第9期の募集を開始したこと発表しました。 「FLAP」は、創業準備中/創業期の起業家向けの無料オフィス支援プログラムです。 採択…
「創業手帳」による頭と感情を整理するためのセミナー「朝活 ~頭と心の体操~」が開催 11/13
創業手帳株式会社は「朝活 ~頭と心の体操~」を2020年11月13日(金)に開催することを発表しました。 「朝活 ~頭と心の体操~」は、1分ごとに自分の感情や目標を書き出したり、他人に話をすることで、…
外国人特化インフラサービス提供の「WonderWall」がクラウドファンディングで5,000万円調達へ
WonderWall株式会社は、「エメラダ・エクイティ」にて、資金調達を実施していることを発表しました。 目標金額は約5,000万円で、平成30年5月26日午後6時時点で、約3,900万円を集めていま…
注文住宅の間取り作成サービス「madree」の運営元が1.1億円調達
2019年1月15日、スタジオアンビルト株式会社は、総額1億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 注文住宅の間取り作成サービス「madree(マドリー)」を提供しています。 プロの建…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ