コーヒーのサブスクリプションサービス運営の「POST COFFEE」が1.5億円調達

2021年7月13日、POST COFFEE株式会社は、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

コーヒー豆をポストに届けるサブスクリプションサービス「PostCoffee」を運営しています。

簡単な質問に答えることでAIがユーザーに合ったコーヒー豆を提案するほか、届いたコーヒー豆にフィードバックを送ることで、好みが最適化されていくことを特徴としています。

届けるコーヒーはすべてスペシャリティコーヒーで、常時30種類以上を取り揃えています。

引受先である、コーヒー器具メーカーの株式会社ハリオ商事とは、コーヒー周辺器具の商品開発や、おうちコーヒーを広めるための協業を行います。

今回の資金は、デジタルとリアルをシームレスにつなぐプロダクトの機能拡充、新規事業開発、組織体制の強化に充当されます。

日本国内のコーヒー業界の市場規模は約2兆9,000億円と巨大な市場となっています。

またコーヒーを飲む場所をみると家庭で飲む人が圧倒的に多く、喫茶店事業所が減少傾向にあることも踏まえると、今後も家庭でのコーヒー消費量が増えることが予測されます。

新型コロナの影響により家庭でコーヒーを楽しむ人も増えていると考えられているため、サブスクリプションサービスなど家庭向けのコーヒーサービスの動向に注目が必要です。

新規事業の開発には、自社の強み・弱み、市場の機会・驚異を分析することが重要です。「冊子版創業手帳」では、事業を分析するためのフレームワークを掲載しています。自社の強みや市場の機会を明らかにすることで、ブルーオーシャンを見つけだすことができるはずです。

POST COFFEE株式会社代表取締役 下村領氏のコメント

今回のニュースにつきまして、POST COFFEE株式会社代表取締役 下村領氏よりコメントが届きました!

下村領(しもむらりょう)
2005年、株式会社HERETICを創業。デジタルクリエイティブの制作、システム開発の事業を主軸に、自らもデザイナー兼エンジニアとして第一線で活躍。並行して2012年5月モバイルチケッティングサービスを展開するスタートアップのCTOに就任。その後2015年に事業売却。2013年7月渋谷区富ケ谷にMAKERS COFFEEをオープン。自身もバリスタとして店頭に立つ中で課題感を覚え、その後2018年9月にPOST COFFEE株式会社を設立。

ーこの事業を始めた経緯について教えてください。

下村:クリエイティブの制作会社を16年経営し、その間、渋谷の方でコーヒー屋を3年やっておりました。コーヒー屋では自らもバリスタとしてお客様にコーヒーを振る舞っていたのですが、そこで大きな気付きを得ます。それが「美味しいコーヒーをほとんどの人が知らない」ということでした。そこでそれまで培ってきたノウハウを使い、爆速で美味しいコーヒーを広めることはできないかと考えるようになり、PostCoffeeの立ち上げへと至りました。

ー今回の資金調達について、どのような反響がありましたか?

下村:SNSのスタートアップ、ベンチャー、アーリーアダプター層で話題となりました。すでにユーザーとなっていただいている方からは期待の声をたくさんいただきました。また今回、新規の株主としてグローバルコーヒー器具メーカーのHARIOが入っていることもあり、そのシナジーの可能性について言及している方もチラホラと見かけました。

ー今後どのような事業展開をしていきたいと考えているか、教えてください。

下村:直近ではユーザー体験をさらにより良いものにするために、ネイティブアプリのリリースや機能強化を計画しています。また、そのための組織、体制づくりについても力を入れていく予定です。その先では、サブスク会員以外でもコーヒーを購入できるようなマーケットプレイスの構築、そしてアジア圏への展開を考えています。

ー今後の展開が楽しみです。ありがとうございました!
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ POST COFFEE PostCoffee コーヒー サブスクリプション ポストコーヒー 株式会社 資金調達
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

体験型アルバイト情報サービス運営の「スポットメイト」が資金調達
2019年10月9日、スポットメイト株式会社は、株式会社USEN-NEXT HOLDINGSと、資本業務提携したことを発表しました。 スポットメイトは、業務店が体験型のアルバイト人材を募集できる…
パーソナライズド・カフェ「TAILORED CAFE」など運営の「カンカク」が3.5億円調達
2020年9月7日、株式会社カンカクは、総額3億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、コーヒー豆のカスタマイズ・オンライン・ショップを運営する「Cottea」をM&Aにより事業…
ドローン・AI事業やエアー・モビリティ事業の「A.L.I. Technologies」が23.1億円調達
2019年11月28日、株式会社A.L.I. Technologiesは、総額23億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 以下の事業を展開しています。 「ドローン・AI事業」 オリジ…
住まい相談プラットフォーム「すんで」運営の「住んで埼玉」が3,310万円調達
2021年3月10日、株式会社住んで埼玉は、総額3,310万円の資金調達を実施したことを発表しました。 住まい相談プラットフォーム「すんで」を運営しています。 希望している街に住んでいるメンターに相談…
ビジネス・インテリジェンスの「Yellowfin」がモバイル分析アプリをリリース
2019年9月6日、Yellowfin Japan株式会社は、新しい「Yellowfin モバイルアプリ」のリリースを発表しました。 この新しいモバイル・アプリは、自動分析と、ストーリー・テリング、コ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ