Web3.0時代のIDaaS「dAuth」提供の「シビラ」が3億円調達

company

2021年6月9日、シビラ株式会社は、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。

Web3.0時代のIDaaS「dAuth」を提供しています。

開発者が自己主権型アイデンティティを扱うために必要となる規格(DID、Verifiable Credentials、FIDO2、PIDなど)に対応するための、APIやSDKを総合的に提供するIDaaS(ID as a Service)です。

引受先である株式会社電通グループとは協業を行い、シビラのブロックチェーン技術・Web3.0関連事業と、電通グループの事業開発力、クリエイティビティ、ネットワークをかけ合わせ、以下の3領域を中心のR&D活動を推進します。
・プログラマブルな自己主権型IDインフラの構築
・プログラマブルなコンテンツIDインフラの構築
・プログラマブルに行うことのできる価値還元インフラの構築

ユーザーは様々なインターネットサービスやプラットフォームを利用していますが、利用するサービスの数が増えるほど保持しなくてはならないアカウントの数も増えます。

このことは、デジタルアイデンティティ(ユーザーに紐づく情報)が、多数の事業者の手元にあることを意味します。

情報漏洩によるプライバシーリスクは年々高まっており、新たなデジタルアイデンティティ管理の方法が求められています。

そのひとつの方法として、企業などの管理主体を介さず、個人自身がデジタルアイデンティティをコントロールできるようにする、Self-Sovereign Identity(自己主権型アイデンティティ、SSI)の実現が議論されています。

また、主にブロックチェーン技術をコアとして実現される新たなWebの世界であるWeb3.0は、Web2.0の企業などの中央集権型の構造が孕むプライバシーとセキュリティの問題を解決するために構築されます。

Web3.0では自己主権的な管理が基本となるため、デジタルアイデンティティにおいて自己主権的なものを設計・実装する必要があるのです。

「dAuth」は、Web3.0時代の開発においてAPI・SDKを提供することにより、専門知識の持たない開発者が自己主権型のデジタルアイデンティティを扱うアプリケーションを構築し、専門知識を持たないエンドユーザーに提供することをサポートすることを目指しています。

ブロックチェーンやAIなどの最新技術を活用したプロダクトの開発は、時代をリードすることができます。しかしこれらの技術は専門知識を必要とするため、優秀な人材を獲得する必要があります。「冊子版創業手帳」では、創業期の人材採用ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ API dAuth IDaaS SDK Web3.0 シビラ ブロックチェーン 秘密鍵
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

トークン・エコノミーでオープン・ソース・ソフトウェアの収益化を支援する「フレームダブルオー」が資金調達
2020年6月15日、フレームダブルオー株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 また、「Dev Protocol」を活用した最初のDAppsとして、暗号資産を通じて、寄付よりも気軽に社会貢…
「ZWEISPACE JAPAN」が不動産取引のブロックチェーン登記サービスを開始
平成30年4月4日、株式会社ZWEISPACE JAPANは、ブロックチェーンを不動産業界へ活用した先進事例として、不動産売買管理システムの提供を今週より開始したことを発表しました。 これまでは、法務…
ブロックチェーン技術サービス提供の「Bitfury」が8,000万ドル調達
2018年11月7日、Bitfury Groupは、8,000万ドル(約90億円)の資金調達を実施したことを発表しました。 今回の私募による資金調達には、日本の電通や、マイク・ノボグラッツ氏が率いるギ…
軽貨物と荷主のマッチング・プラットフォームなど運営の「CBcloud」が12.4億調達
2019年8月8日、株式会社CBcloudは、総額約12億3,900万円の資金調達を実施したことを発表しました。 軽貨物と荷主を即時につなぐマッチングプラットフォーム「PickGo」や、AIやブロック…
アニメなどのアートワークのデジタル所有権を提供する「Anique」が資金調達
2019年12月19日、Anique株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 アニメ・マンガ・ゲームなどのアートワークのデジタル所有権を、ブロックチェーンなどのテクノロジーで管理・提供する「…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ