ライフ・サイエンス分野の研究支援サービス「Sophiscope」開発の「fuku」が4,500万円調達

2020年10月14日、fuku株式会社は、総額4,5000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、「Sophiscope(ソフィスコープ)」のオープンβ版の先行利用の応募受付を開始したことも発表しました。

「Sophiscope」は、ライフ・サイエンス分野の研究者を対象とした研究支援サービスです。

膨大な量のライフ・サイエンス論文の内容を、自然言語処理と機械学習により構造化し、すべて実験条件を統一したフォーマットに整理し、複数の論文の横断的な比較を可能にしています。

オープンβ版では対象疾患をがんに絞っているようですが、今後、糖尿病、認知症、AIDSなどにも拡大する予定です。また、将来的には「論文の再現可能性の測定」、「実験条件の提案」、「実験結果のシミュレーション」などの機能を開発する予定です。

インターネットの普及により、人々のコミュニケーションはとても便利になり、研究活動についても複数名による共同研究や、国際共同研究も増加しています。また、研究データもインターネット上で共有・同時編集されるようになっています。

これにより、デジタル時代が可能とする新たな学術活動である、オープン・サイエンスが推進されています。オープン・サイエンスの実現には、論文の公開(オープン・アクセス)、エビデンスとしての研究データの公開、データの利活用とそのルールの制定などが必要であるといわれています。

このようにオープン・サイエンスの取組みが推進されており、それに伴って論文のデータベースや、検索エンジンなども整備されてきています。

しかし、fukuの調査によると、ライフ・サイエンスの研究では、予備実験に手間がかかることや、新たな研究テーマに取り掛かる際、予備実験前に平均27本の論文の調査が必要となり、準備に平均86時間がかかることが判明しています。

要因としては、目的に合致した論文を見つけだすことが困難なこと、論文の内容が再現可能かどうかの検証に手間がかかることなどが挙げられています。

医療や研究の現場など、様々な場所でデータに関する課題が生まれており、うまく活用できる環境を構築することが重要だということがわかります。「冊子版創業手帳」では、経営活動を円滑にしてくれる社内システムの整備について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ fuku Sophiscope サービス ソフィスコープ 支援 株式会社 検索 機械学習 研究 自然言語処理 論文 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ