「トラストバンク」と「トヨタファイナンス」が地域活性化に向けたデジタル行政の取り組みにおいて業務提携

tips

2020年10月5日、株式会社トラストバンクは、トヨタファイナンス株式会社と、業務提携契約を締結したことを発表しました。

トラストバンクは、デジタル地域通貨プラットフォームサービス「chiica(チーカ)」や、ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」などを運営しています。

この提携により、今後、両社の強みである全国の自治体ネットワークと先進的な金融サービスを活かし、自治体を中心とする地域の事業者や住民に対する最適なソリューションの提供を目指すようです。

具体的には、トラストバンクは、各自治体に対し「chiica」を提供し、トヨタファイナンスは、各地域の加盟店網やキャッシュレスによる精算スキームにより、自治体の地域通貨導入の活性化と運用管理の効率化を目指します。

首都圏への消費の集中を打開し地方経済の消費を増やすために、デジタル地域通貨は注目されています。また、注目されている要因のひとつとして、飛騨高山の「さるぼぼコイン」の成功が挙げられます。

しかし「さるぼぼコイン」の成功は、当時においてQRコード決済が珍しかったことや、その利便性が要因であると言われています。

今後、地域通貨の成功のためには、利便性だけではなく、その地域通貨独自の価値を追求していくことが肝心となりそうです。

地域活性化など、社会課題の解決のビジネスには大きなチャンスが眠っていそうです。「冊子版創業手帳」では、起業家のインタビューを多数掲載しています。先人の思考を知ることは、新たなビジネスを生み出すことに役立つでしょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ chiica チーカ トヨタファイナンス トラストバンク 地域 地域通貨 株式会社 業務提携

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ