日本を代表する技術系ベンチャー企業を表彰する「J-TECH STARTUP 2020」 認定企業の募集を開始

一般社団法人TXアントレプレナーパートナーズは、「J-TECH STARTUP 2020(ジェイテック スタートアップ)」の企業募集を開始したことを発表しました。

「J-TECH STARTUP 2020」は、応募企業のなかから認定企業を選出し、2021年2月開催の第5回「J-TECH STARTUP SUMMIT」イベントで認定証を賞与します。

認定企業は、イベントを通し、メディアへの掲載や、投資家とのネットワーキング、専門家によるメンター・グローバル展開へのサポートなどの支援を受けることができます。

募集締切は、2020年10月30日(金)です。

2019年5月に発表された経済産業省の「第5回 日本ベンチャー大賞」では、144件の応募があり、50%以上がITサービス関連でしたが、15%が製造業となっており技術系ベンチャーが盛り上がっていることがわかります。

また、世界的にもものづくりベンチャーへの投資額と投資件数はともに増加しています。

ITサービス関連のベンチャー企業は日常や業務の課題を、PCやスマートフォンのソフトウェアやサービスにより解決して成長してきました。

しかしそれでは大きな課題、たとえば医療や農業などの社会課題の真の解決につながらず、ハードウェアや環境作りが求められているため、技術系のベンチャーが増えてきていると分析できます。

企業の成長には資金調達が必要不可欠です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ J-TECH STARTUP 2020 TXアントレプレナーパートナーズ ジェイテック スタートアップ ベンチャー 一般社団法人 技術 表彰
詳細はこちら

世界に羽ばたく日本の技術系ベンチャーを発掘「J-TECH STARTUP 2020」認定企業を募集開始

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

公募の創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ