「ライナフ」がテレワークを前提とした不動産管理会社のリーシング業務を請け負うBPOサービスを開始

2020年4月13日、株式会社ライナフは、テレワークを前提としたリーシング業務(不動産賃貸業務)を請け負うBPOサービスを開始したことを発表しました。

入念なコンサルティングにより業務フローを洗い出し、管理会社にとってボトルネックとなる業務の改善案を提案・支援するサービスです。

これにより、ITツールの導入が遅れる不動産管理会社に、オフィスに出勤しなくてもリーシング業務をおこなえるよう、体制の構築とその支援を行います。

ライナフはほかに、AIで物件確認を自動化する「スマート物確」や、内覧管理を自動化する「スマート内覧」などを運営しています。

新型コロナウイルス感染症の流行により、多くの企業はテレワークのための環境整備ができていないにも関わらず導入せざるを得ない状況となっています。

また、不動産管理は紙が主体のため、テクノロジーによる変革が求められています。

創業期は、このような非常事態だけでなくとも人手・リソースが足りない状況が多発するでしょう。「冊子版創業手帳」では、創業期のアウトソーシングの活用方法について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ コンサルティング テレワーク 不動産 不動産管理 支援 新型コロナウイルス 株式会社
詳細はこちら

テレワークを前提とした不動産管理会社のリーシング業務を請け負うBPOサービスを開始

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

便利なサービスの創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ