AI契約書レビュー支援ソフト提供の「LegalForce」が10億円調達

2020年2月21日、株式会社LegalForceは、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。

自然言語処理を用いた、クラウド型の契約書レビュー支援ソフトウェア「LegalForce」を開発・提供しています。

契約書に潜んでいるリスクを即座に見つけ出すことや、修正条文例のリサーチ、契約書管理など、契約書業務にかかる業務を支援します。

今回の資金は、「LegalForce」のレビュー精度の向上や、既存機能の改善、新機能開発、多言語対応などの開発の強化などに充当されます。

現在、テクノロジーによりさまざまな業務の効率化がなされています。

そのなかでも法務領域は、高い専門性や煩雑な書類処理のせいで、効率化が進みにくいとされていました。

しかし、AI技術の進歩により、自然言語処理が高度化することで、テクノロジーで契約書のレビューを支援できるようになりました。さらなるAI技術の進歩により、ますます効率化がなされるでしょう。

冊子版創業手帳」では、創業期における気をつけておくべき法律について詳しく解説しています。また、無料で弁護士などの専門家も紹介していますので、ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI LegalForce レビュー 契約書 支援 株式会社 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集