地域の短期の仕事と地域を旅したい人をマッチングする「おてつたび」の運営元が資金調達

株式会社おてつたびは、資金調達を実施したことを発表しました。

地域の短期的・季節的な人手不足で困る事業者と、地域外の若者をマッチングするプラットフォーム「おてつたび」を運営しています。

このプラットフォームを活用することで、若者は、仕事をしながら地域を旅することができます。

また、地域の事業者は、人手不足の解消や、地域の魅力のアピール、関係人口の増加などが見込めます。

株式会社おてつたび 代表取締役CEO 永岡 里菜氏のコメント

今回のニュースにつきまして、株式会社おてつたび 代表取締役CEO 永岡 里菜氏よりコメントが届きました!

永岡 里菜 株式会社おてつたび
三重県尾鷲市出身。千葉大学卒業後、イベント企画・制作会社にディレクターとして入社。官公庁・日本最大手のEC企業をはじめ数多くの企業のプロモーションやイベントの企画提案・プランニング・運営を一貫して担当。退職後は、農林水産省と共に和食推進事業を0から作り上げ、全国の市区町村と連携しながら多数の地域へ足を運ぶ。現在は、人手不足やPR不足をきっかけに「地域の人」と「地域外の若者」が出逢うキッカケを提供するサービス”おてつたび”を展開中。
ーこの事業を始めた経緯について教えてください。

永岡:私は三重県尾鷲市出身です。尾鷲市は一見何もないように見えてしまう地域ですが、何もいいところがないわけではありません。ただ、その良さを発信して伝えるのが難しいのです。良さを知ってもらうためには、まずは来てもらうことが重要です。尾鷲市のような、旅先の選択肢としては埋もれてしまうような地域にも、人が訪れるきっかけを作りたい、という思いでこの事業を始めました。

ー今回の資金調達について、どのような反響がありましたか?

永岡:おかげ様で取材依頼をいただくなど、各所から多くの反響を頂いています。地域関係の事業というと、どうしても大きな利益につながるイメージが弱く、(ビジネス的には)ネガティブな要素が見えがちです。そんな中、私達がこの事業を株式会社として行っているのは、ソーシャルインパクトの最大化と、ビジネスとしてのスケールをしっかりコミットするという覚悟を持ってやっているからです。資金調達をしたことで、この覚悟を世間の方々にもわかっていただけるようなカタチで表すことができたのは、大きかったと思います。

ー今後どのような事業展開をしていきたいと考えているか、教えてください。

永岡:まだまだ事業を拡大していくには人数が少なかったり、システムの機能改善が必要であるフェーズです。幸いにも、一緒に仕事をしたいと思ってくれる方々や、弊社のサービスを使いたいというユーザーがすごく増えているので、もっとそれに対応できるようにしていきたいと思っています。

ー起業を考えている方へのメッセージをお願いします。

永岡:起業自体は簡単だと私は思います。お金と書類があればできますよね。何が難しいのかというと、しっかりとしたサービスを立ち上げて、そのサービスを持続可能なカタチにすること、ステークホルダー(事業に関わる全ての関係者)とWIN-WINな関係になるようスケールしていくことです。

起業はきらきらしたイメージもありますが、泥臭い場面も多くあります。本当にやりたいこと、大きなビジョンや動機があれば、より良い方向にサービスが伸びると思います。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ おてつたび 資金調達
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

眼科遠隔診療サービス提供の「MITAS Medical」が資金調達
2020年10月1日、株式会社MITAS Medicalは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社タカギセイコーです。 眼科医以外でも診察に必要なクオリティの眼画像を簡単に撮影でき…
CFOコンシェルジュ・サービス「資金調達サーチエンジン」β版がローンチ
2019年7月18日、株式会社BIZVALは、「資金調達サーチエンジン」のβ版を同日にローンチしたことを発表しました。 「資金調達サーチエンジン」は、スタートアップや、M&A投資を検討する事業会社、V…
東南アジア産直EC運営の「SECAI MARCHE」が1.5億円調達
2021年5月18日、株式会社SECAI MARCHEは、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 生産者と消費者をダイレクトにつなぐ東南アジア産直ECプラットフォーム「SECA…
住宅情報プラットフォームの「SOUSEI Technology」が3億円調達 建設コンサルの「ナック」と資本業務提携
2019年9月5日、株式会社SOUSEI Technologyは、約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先である株式会社ナックとは、資本業務提携契約を締結したことも併せて発表しました。…
料理人と飲食店のマッチング・プラットフォーム「smallkitchens」運営の「Gifukuru」が資金調達
2021年1月26日、株式会社Gifukuruは、資金調達を実施したことを発表しました。 料理人と加盟店舗の空き時間をマッチングし、オリジナルのお弁当の販売ができるプラットフォーム「smallkitc…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ