AIとRPAによる低価格な商標出願サイト「すまるか」がリリース

2019年10月14日、特許業務法人Smarcaは、「すまるか」をリリースしたことを発表しました。

「すまるか」は、AIとRPAを駆使したクラウドベースの商標の調査・出願・登録システムです。

専門家弁理士のチームによる高精度な商標調査が無料で受けられます。

また、出願手数料は1区分あたり、12,000円となっています。

Smarca 代表弁理士・米国弁護士 竹本 如洋氏のコメント

今回のニュースにつきまして、Smarca 代表弁理士・米国弁護士 竹本 如洋氏よりコメントが届きました!

竹本 如洋
日立製作所、Hitachi America, Ltd.の知財部にて知財の戦略構築、出願、権利化、ライセンス交渉、訴訟まで広く経験したのち、ボストンコンサルティンググループ(BCG)にて新規事業開発やマーケティングプロジェクトを多数経験。「知財×コンサル」を強みとして、ビジネスを的確に把握した知財サポートを提供。
ー新サービスを始めた経緯について教えてください。

竹本:日本に中小企業は380万社おり、日々新しいベンチャーやスタートアップ企業が生まれる中、各社素晴らしいサービスや商品に対してブランドを築き上げているにもかかわらず、しっかりと商標登録されていない実情があります。ベンチャーやスタートアップ企業のサポートを多くしておりますが、もっと気軽にもっと安く商標登録出願できれば、各社のブランドに対する意識も高まり、ビジネスの成長の助けになると思って、簡単にスマホでも申し込める商標出願サイトを構築しました。

ー今回の発表について、どのような反響がありましたか?

竹本:9月にサービスリリースしたばかりですがお陰様で多数の無料商標調査依頼を頂いており、そのうちの登録可能性A評価のものについては順次商標登録出願して行っている状況です。

ー今後どのような事業展開をしていきたいと考えているか、教えてください。

竹本:まずは、このAI+RPA商標出願サイト「すまるか」を日本中に知って使って頂きたいと思っています。そこから出願のご依頼を頂き、特許庁の審査を経て商標登録に至ったものについては、その後のビジネス展開に合わせた特許・意匠・商標・外国出願等を含めた知財のトータルサービスにて企業の皆様の事業を強力にバックアップさせていただきたいと考えています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ Smarca すまるか 特許 特許業務法人

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

大久保の視点

【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ