店舗向け仕入れプラットフォーム「PORTUS」がリリース 運営元が3,000万円調達

2019年10月8日、park&port株式会社は、総額約3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、店舗向け仕入れプラットフォーム「PORTUS(ポルタス)」をリリースすることを発表しました。

セレクト・ショップや、喫茶店、美容院、インフルエンサーなどが、店舗で販売する商品を簡単に仕入れることができるプラットフォームです。

独自のバイイング・サポート・システムにより、店舗画像や、取扱いブランド、売上構成比などから特徴量を抽出し、レコメンドやサクセス・チームからのコミュニケーションにより提案が受けられます。

park&portに出資したのは、独立系ベンチャー・キャピタルのインキュベイトファンド株式会社などです。

インキュベイトファンドは、park&portなど支援先のスタートアップが参加するコミュニティ「IF Talent Network」を運営しています。

park&port株式会社 CEO 櫟山 敦彦氏のコメント

今回のニュースにつきまして、park&port株式会社 CEO 櫟山 敦彦氏よりコメントが届きました!

櫟山 敦彦
新卒で繊維専門商社に入社後、ブランドセールス、ブランドバイイング、ディストリビューターなどの業務を経て独立、ブランド事業およびコンサルティング事業を行う。2017年に株式会社エアークローゼットに入社、ファッションレンタルでの最適なMDプランの作成を行う。複数の新規事業に携わったのちに2019年2月に同社を退社。park&port株式会社を創業、9月に小売のアップデートを目指しB2Bプラットフォーム「PORTUS(ポルタス)」をリリース。
ーこの事業を始めた経緯について教えてください。

櫟山:代表である私が洋服や雑貨などの買い物が大好きで、色々なお店で買い物をしてきましたが、そのお店がどんどん減っていること、お店で取り扱っている商品バリエーションが減っていると感じています。昔自分が楽しんだ買い物をいまの若い人も含めて体感できるといいな、と思ったのがスタートで、この思いに共感した3人の創業メンバーとともに事業をはじめました。

ー今回の資金調達・新サービスについて、どのような反響がありましたか?

櫟山:多くのメーカー・ブランド様、お店様からお問い合わせをいただいており、「仕入れ」に対するペインが大きいことの裏付けになっていると考えています。またVC様、銀行様からも問い合わせを複数いただいており、この小売領域に対する興味関心も高まったのではないかと思います。

ー今後どのような事業展開をしていきたいと考えているか、教えてください。

櫟山:現在取り組んでいる仕入れ領域をもっと簡単に自由にする機能開発、特に卸売物流領域は今後ペインが顕在化すると考えており、そういった分野の開発を行います。またお店をもっと開きやすく、もっとお客さんと接しやすくするための機能をご参画いただいたお店さまの声を元に開発していきたいと考えています。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ 有望企業
関連タグ park&port株式会社 PORTUS ポルタス 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

この記事のコメント

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集