1円から貸付投資ができる「Funds」運営の「クラウドポート」が6.3億円調達

2019年8月5日、株式会社クラウドポートは、総額6億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

1円から貸付投資ができる「Funds(ファンズ)」を運営しています。

以下の点を特徴としています。
・ひとつの口座でファンド組成企業やテーマ別に簡単分散投資が可能
・ファンドの利回りは年率1.5~6%(予定/税引前)と「ミドルリスク・ミドルリターン」のものが中心
・1円単位での投資が可能
・当社の定める選定基準をクリアした企業のみが参加

今回の資金は、コーポレート部門の体制強化や、プロダクト開発体制の人員増強、認知向上を目的としたマーケティング活動に充当されます。

株式会社クラウドポート 代表 藤田 雄一郎氏のコメント

今回のニュースにつきまして、株式会社クラウドポート 代表の藤田 雄一郎氏よりコメントが届きました!

藤田 雄一郎
早稲田大学商学部卒業後、株式会社サイバーエージェントに入社。2007年にマーケティング支援事業を行う企業を創業し、2012年上場企業に売却。2013年に大手ソーシャルレンディングサービスの立ち上げに経営メンバーとして参画。2016年11月に株式会社クラウドポートを創業。
ーこの事業を始めた経緯について教えてください。

藤田:元々弊社は投資型クラウドファンディングの事業者やファンドを横断的に比較できるサービスを提供していました。(2019年1月に株式会社ZUUへ事業譲渡)
このサービスを運営する中で、比較検討だけでなく、投資までの流れをまとめて完結できないかという投資家側のお声をいただいていました。
また、業界でも様々な問題が噴出しており、リスクをなるべく抑えながら、より安定的にコツコツと資産運用ができるサービスの形を試行錯誤した中で、数百億円がすぐに完売する個人向け社債の市場に注目しました。

個人向け社債のような債券への投資は、発行体である企業が倒産しない限りは投資した元本が返ってくる可能性が高く、定期的に利金もあるため、人気の金融商品となっています。
株式(エクイティ)などに投資ができる新しいサービスは、ロボアドバイザーをはじめ多く登場していますが、債券投資のような利回りが予定されたデット性の商品に投資ができる新しいサービスはソーシャルレンディング以外にありません。

そこで弊社は貸付ファンドという仕組みを活用して、個人向け社債とソーシャルレンディングの間に位置するミドルリスク・ミドルリターンの社債風の金融商品を提供する貸付投資のFundsを2019年1月にリリースいたしました。

ー今回の資金調達について、どのような反響がありましたか?

藤田:おかげさまで、Fundsの活用について、様々な企業様からお声がけいただいております。
とりわけポストIPOのような、これからさらに事業を成長させていきたいという意欲的な上場企業の方々からの引き合いが多いです。

ー今後どのような事業展開をしていきたいと考えているか、教えてください。

藤田:まずは弊社の審査基準を通過する企業とファンド数を増やしていくことで、投資家の皆様がいつでもお好みのファンドに気軽に投資ができる状態を目指します。
現在は不動産関連事業のファンドが中心となっていますが、より幅広い事業領域のファンドを提供できるように、今回出資いただいた株主の皆様と協力しながら着実に進めてまいります。

将来的にはメルカリやLINEのように、誰もが当たり前に知っている国民的な資産運用サービスを目指し、貯蓄から資産形成の流れを後押しできるようにしたいと考えています。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ 有望企業
関連タグ クラウドポート ファンド プロダクト マーケティング 投資 株式会社 調達 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

この記事のコメント

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
製造業向けインターネット・サービス提供の「アペルザ」が12億円調達
2019年7月31日、株式会社アペルザは、総額約12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 メーカー横断で製品情報を検索できる製造業向けカタログ・ポー…
(2019/8/6)
クラッソーネが施主と解体⼯事会社のマッチング・一括見積りサービス「くらそうね」β版を提供開始
解体工事・外構工事の3社一括見積もりサービスを運営する株式会社クラッソーネが、新サービス「くらそうね」β版を8月1日より愛知県限定で提供開始しました。 「く…
(2019/8/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

創業手帳冊子版(無料)