献立・買い物アプリ「タベリー」運営の「10X」が2.5億円調達

2019年5月15日、株式会社10Xは、総額2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

献立・買い物アプリ「タベリー」を運営しています。

「タベリー」は、これまで、個人の嗜好や条件にあった献立の提案や、その献立に必要な材料の買い物リストが簡単に自動作成できるサービスを提供してきました。

今回、新たに「オンライン注文機能」のサービス提供を開始します。

アプリ内で作成した、1週間分の献立に必要な買い物を、数タップでオンライン注文することが可能となるサービスです。

10X代表のコメント

今回のニュースにつきまして、株式会社10X 代表の矢本 真丈氏よりコメントをいただきました!

矢本 真丈(やもと まさたけ)
2児の父。大学院在学中に3.11の震災で被災。その後、丸紅、NPO勤務を経てママ向けECスマービー創業参加。プロダクト責任者を務める。スマービーの売却を機にメルカリへ。
3.11震災の避難時に「火を入れた料理」に感動したこと、また育休中に家族の食事を創り続けた原体験から、タベリーのMVPを創り、石川とともに10Xを創業。
ーこの事業を始めた経緯について教えてください

矢本:前職で育休を取得した時、家事の中で食事について、毎日献立を考えて料理することがいかに大変かということを実感しました。毎日の負担を減らすことができないかと考えて生まれたのが「タベリー」です。栄養バランスのとれた献立の提案や、無駄な食材のない買い物リストの作成、また新機能として食材をオンラインスーパーにまとめてオーダーできるサービスも備えたツールです。献立の提案から食材のオーダーまで一貫して行うことができる点がユニークポイントです。

ー今回の資金調達について、反響はありましたか?

矢本:SNSなどで、調達を祝ってくださる声や、新機能に期待する声など多くの反響が寄せられています。

ー今後どのように事業を展開していきたいと考えているか、教えてください

矢本:次のステップのため、新規事業やコーポレート部分の部署を作るなど、組織づくりを拡充していきたいと考えています。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ 有望企業
関連タグ スタートアップ 新サービス

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

この記事のコメント

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
製造業向けインターネット・サービス提供の「アペルザ」が12億円調達
2019年7月31日、株式会社アペルザは、総額約12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 メーカー横断で製品情報を検索できる製造業向けカタログ・ポー…
(2019/8/6)
クラッソーネが施主と解体⼯事会社のマッチング・一括見積りサービス「くらそうね」β版を提供開始
解体工事・外構工事の3社一括見積もりサービスを運営する株式会社クラッソーネが、新サービス「くらそうね」β版を8月1日より愛知県限定で提供開始しました。 「く…
(2019/8/2)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集

創業手帳冊子版(無料)