製造業特化AIサービス提供の「スカイディスク」が8.6億円調達

2019年4月18日、株式会社スカイディスクは、総額8億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

自動車・化学業界をはじめとする多くの製造業や、パートナー企業との共創により、製造現場にたいし年間数十件のAIプロジェクトを推進しています。

株式会社スカイディスク 代表取締役CEO 橋本 司氏のコメント

今回のニュースについて、株式会社スカイディスク 代表取締役CEOの橋本 司氏よりコメントをいただきました!

橋本 司
大学卒業後、自動車部品メーカーで研究開発を行い、27歳でシステム業界へ。2010年九州大学博士課程に入学し、⼈工知能の研究に従事。10数年のシステム開発の実績と大学での研究成果を元にスカイディスク設立。
ー起業の経緯について教えてください。

橋本:AIを活用したデータ分析の研究を九州大学にて行っていました。このとき、研究のためにデータを集める必要があり、データ収集に必要なセンサーの開発も同時に行っていました。これが後にIoT事業としてスカイディスクの創業当初の事業に発展。当時一緒に仕事をしていた城戸と伊藤、橋本の三人で起業するキッカケになりました。

その後、データ収集の事業からデータ分析の事業に発展し、AIを活用する事業として現在に至ります。初回の資金を調達したタイミングでビジネスメンバーとして金田、末永がジョイン。ここから直近の製造業向けAIへの導入が加速していきました。

ー今回の資金調達の目的はなんでしょうか?

橋本:今回の資金調達では事業会社との資本提携も実現しています。

AIの導入にはその分野のノウハウ、ドメイン知識が非常に重要です。我々の持つAIに関する技術と今回のような事業連携によるドメイン知識の融合で、より製造業向けAIの開発と導入を加速していきます。
また、AI業界特有のスキルを有するエンジニア、ビジネス開発メンバーなどの採用も進めていきます。

ー今回の資金調達について、反響はありましたか?

橋本:非常に多くの方から反響を頂いています。同時期に展示会に出展してこともあり、相乗効果で問い合わせが増えている印象です。

ー今後の展開について、教えてください。

橋本:まずは引き続き製造業へのAI導入を進めていきます。このための技術開発として、音×AIに特化した技術革新を起こします。さらに今後を見据えて、様々な業界へのAIを適用するための施策を発信する予定です。

カテゴリ 有望企業
関連タグ AI関連のニュース 自動車関連のニュース

有望企業のピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら

創業時に役立つサービス特集

創業手帳冊子版(無料)