オーディオ・フィットネス・アプリ運営の「BeatFit」が2億円調達

2019年3月29日、株式会社BeatFitは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。

プロコーチの音声ガイドと人気音楽を組み合わせたフィットネス音声を提供するアプリ「BeatFit」を運営しています。

株式会社BeatFit マーケティングマネージャー 植松 佑太氏よりコメントが届きました!

今回のニュースについて、株式会社BeatFit マーケティングマネージャーの植松 佑太氏よりコメントが届きました!

ー御社の事業について、教えてください。

植松:当社は、フィットネス音声ガイドアプリ「BeatFit」を運営するスタートアップです。

昨今、低価格で利用できる24時間営業のジムが急増したことや、Apple WatchやFitbitなどのウェアラブル端末が普及したことを受けて、日本国内全体で運動意識が高まっています。一方、継続して運動を行うために重要なモチベーションツールがまだまだ不足しているのが現状です。

そこで、BeatFitでは、トレーニングに最適な音楽とトレーナーの音声ガイドから構成されるオリジナルフィットネスコンテンツの配信を通して、運動の習慣化を効率よくサポートしていきます。

ー今回の資金調達の目的はなんでしょうか?

植松:この度の資金調達では、以下の6点を中心に強化していきます。

・高度なエンジニア人材(特にアプリ開発、機械学習に強い人材)の採用
・コンテンツ力強化を目指した、より実績のあるトップトレーナーの起用
・AIを活用したパーソナライゼーションシステムの開発
・株式会社ルネサンスとの提携を踏まえたジム内プロモーションの強化
・音楽レーベル、フィットネス機器メーカー、保険会社との事業提携
・大学などの学術機関や医療機関との共同研究

ー今後の展開について、教えてください。

植松:BeatFitが目指しているものは、大きく3つあります。
1つ目は、一人ひとりのニーズに合ったプログラムの提供です。リスナーの要望に応える形で、ソフトウェアの機能拡充、及びコンテンツの量と質の強化をしていきます。

2つ目は、強固な会員基盤を作ることです。既存顧客会員同士のコミュニティを醸成していきます。

3つ目は、全ての人が健康的な生活を送れる社会の実現です。BeatFitの持つデータは「行動変容を起こす運動コンテンツ」というユニークなデータです。目指す世界を実現するために、このデータを事業シナジーのある企業様とのデータと掛け合わせ、ヘルスケア業界におけるBIG DATAプラットフォームを創造していきたいと思います。

カテゴリ 有望企業
関連タグ 健康事業関連のニュース 音楽業界関連のニュース

有望企業のピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら

創業時に役立つサービス特集

創業手帳冊子版(無料)