AIプラットフォーム運営の「ABEJA」が42.5億円調達!

平成30年6月29日、株式会社ABEJAは、総額約42億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

既存株主であるPNB-INSPiRE Ethical Fund 1 投資事業有限責任組合(株式会社インスパイア PNB パートナーズ運営)、エヌビディア コーポレーション、株式会社産業革新機構に加え、SBI AI&Blockchain 投資事業有限責任組合(SBI インベストメント株式会社運営)、ダイキン工業株式会社、TBS イノベーション・パートナーズ 2 号投資事業組合(TBS グループ運営)、株式会社トプコン、日本郵政キャピタル株式会社、武蔵精密工業株式会社が新たに引受先となりました。

ディープラーニングを軸とするAIを活用したプラットフォーム「ABEJA Platform」を提供しています。

このプラットフォームでは、AIのビジネス活用で必要となる「取得」「蓄積」「学習」「デプロイ」「推論・再学習」という5つのプロセスにおいて、インフラや周辺システムなどを利用できる環境を整備しており、AIの実装および運用において大幅な省力化・自動化をはかることができます。

今回の資金は、AI運用システムの拠点の整備などに拡充されます。

カテゴリ 有望企業
関連タグ AI関連のニュース 効率化関連のニュース

有望企業のピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら