スポーツイベント主催などの「ディライト」が大会参加料の支払いに仮想通貨を導入

平成30年3月14日、株式会社ディライトは、仮想通貨でのスポーツ大会のエントリー料の支払いが可能となったことを発表しました。

利用できる仮想通貨は、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコインです。

利用可能な大会は、毎月開催の皇居マラソン(東京)のほか宮島マラソン(広島県)など同社が運営サポートをしている大会です。

カテゴリ トレンド
関連タグ 仮想通貨関連のニュース

トレンドのピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら