ビジネス向けコミュニケーションツールの「Oneteam」が3.8億円調達!

company

平成29年9月25日、株式会社Oneteamは、総額3億8000万円の資金調達を実施しました。

ビジネス向けのコミュニケーションツールの「Oneteam」を開発・提供しています。

課題・目的・案件ごとにトピックを立てて、そこで情報共有などのコミュニケーションを行うことを特徴としています。

今後は、会社や部署をこえてコラボレーションできる機能やタスク管理機能やファイルの一覧表示機能などをリリースする予定です。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ コミュニケーションツール
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

車好きのコミュニティアプリ「CARTUNE」の運営元が1.1億円調達
平成30年1月10日、マイケル株式会社は、総額1億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 マイケルは、車に特化したコミュニティアプリ「CARTUNE」を展開しています。 Twitter…
匿名チャットアプリ「NYAGO」の運営元が4,000万円調達!
平成30年3月28日、株式会社UNDEFINEDは、総額4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、匿名チャットアプリ「NYAGO(ニャゴ)」の正式ローンチも発表しました。 アプリに…
スポーツリアルタイム速報アプリ運営の「ookami」が資金調達
平成30年6月20日、株式会社ookamiは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、NTTドコモ・ベンチャーズ、みずほキャピタル、朝日メディアラボベンチャーズ、アシックス・ベンチャーズ、グ…
音声コミュニケーションツール開発の「BONX」が4.5億円調達!
平成30年2月27日、株式会社BONXは、総額約4億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 エクストリームコミュニケーションギア「BONX Grip」や、業務向けグループコミュニケーシ…
AIによる対話エンジンを開発する「Nextremer」が4.7億円調達!
平成29年8月8日、株式会社 Nextremer は、総額4億7000万円の資金調達を実施しました。 人工知能を用いたマルチモーダルの対話エンジン「minarai」を開発しています。 今回の資金は、コ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ