中国の配車サービス「UCAR」が10億ドル調達へ

中国を拠点とする UCAR は、総額46億人民元(約759億円)の資金調達を実施しました。

追加調達資金を含めた合計調達額は70億人民元(10億2000万ドル)を超える予定です。

タクシー配車サービスを運営しています。

競合の Didi は、ドライバーをクラウドソースで集め、個人の車を使って営業しています。

しかし、UCAR は、自社で車を保有し、タクシー業のライセンスを持ったドライバーが業務に行っています。

許可を受けていることを売りにしているほか、規制にも対応することができるというメリットを持っています。

今回の資金は、マーケティングや採用、オフラインでのプレゼンス向上や車両の購入に活用されます。

カテゴリ トレンド

トレンドのピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら