スニーカーのマーケットプレイスの「StockX」が600万ドル調達

StockX は、600万ドル(約6億7700万円)の資金調達を実施しました。

スニーカーのマーケットプレイスを運営しています。

モバイル限定のマーケットプレイスを運営する GOAT や、オンラインと店舗でスニーカーを委託販売する Stadium Goods などの競合もありますが、StockX は他社とは違った仕組みを持っています。

彼らはそのシステムを「Stock Market of Things(モノの株式市場)」と呼んでいます。

ユーザーはあるスニーカーにたいして売値と買値を設定することができ、それによりスニーカーの値段が日々変動しています。

そして希望価格になったところで実際の取引が行われるというシステムです。

また、他のユーザーと競り合いたくない場合は、そのときの売値、もしくは買値で即座に売買することができます。

カテゴリ トレンド

トレンドのピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら