コミュニケーションツールの「Slack」が合計197万ドルを14社に投資

Slack は、これまでに合計197万ドル14社のスタートアップに投資したと発表しました。

名前が明かされているスタートアップは、Awesome.ai、Abacus、Automat、Begin、Birdly、Butter.ai、Candor, Inc.、Growbot、Howdy、Konsus、Lattice、Myra Labs、Sudo、Wade & Wendy です。

この14社はすべてボット関連のサービスを提供するスタートアップです。

ボットは小さなプログラムでできており、人の代わりに何かをしたり、必要な情報を素早く入手したりといったことに利用されています。

Slack上には現在600ほどのアプリがあり、ボット関連への投資は、Slack専用のサービスの拡充のためだとみられています。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ トレンド

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドのピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集