注目のスタートアップ

合同会社6L 矢野賞太|ユニバーサルデザインキッチンカーの事業展開が注目の企業

ユニバーサルデザインキッチンカーの事業展開で注目なのが矢野賞太さんが2018年に創業した合同会社6Lです。

2021年は日本でオリンピックが開催され、同時にパラリンピックも開催されました。中でもパラリンピックの競技内容に注目が集まった年でした。
各地で体験イベントが開催されたり、国や地域を超えて様々な特徴を持つパラリンピック選手たちの活躍に日本中が熱狂したことと思います。
このように、今では障がいは特別なものではなく一つの「個性」としてとらえられ、あらゆる人が自分のやりたいことに挑戦できる社会になりつつあります。

しかし、身近な現実にはまだまだ障がい者の生活やワークスタイルが限定されていたり、チャレンジの機会を逃してしまっている方々もいらっしゃいます。
そんな状況を変えていくプロジェクト「ユニバーサルデザインキッチンカー」に、今注目が集まっています。

合同会社6Lのユニバーサルデザインキッチンカー事業の特徴は、
環境面にバリア(障壁)があっても関係なく、障がいを持った方が新しいことややりたいことに挑戦できるきっかけを与える、という点です。

自身も大腿切断という障がいを持ちながら意欲的に活動を続けておられる合同会社6Lの矢野賞太さんに、事業の特徴や今後の課題についてお話をお聞きしました。

・このプロダクトの特徴は何ですか?

①障がいがあってもやりたいことがやれる働き方の選択肢、②パラスポーツ選手のセカンドキャリアとしての働き方の選択肢、③障がいがあってもボランティア支援に参加することが出来る、という3つを実現するという点です。
現在の身体障がい者の働き方として、「交通事故後の職業訓練を受けて就職した」「トライアル雇用をしていたから就職した」という働き方が主流になっています。
また、現在アスリート雇用をされている選手は、「アスリート雇用の期限が終わったら就職先を探さないといけない」状況にあります。
その働き方は、本当に自分のやりたい働き方なのでしょうか。障がいがあるから出来ないと思っているのではないかという疑問が出てきました。
『出来なくなったわけじゃない、やる機会がなくなっただけ』じゃないのでしょうか。
『障がいがあるから、新しいことにチャレンジするための一歩を踏み出す勇気がでない』のではないでしょうか。
上述したことより、『やりたいことがやれる』一つの選択肢として環境面にバリア(障壁)があっても関係なく働けるユニバーサルデザインキッチンカー事業の開業を決めました。

・どういう方にこのサービスを使ってほしいですか?

障がいやハンディキャップがあってもチャレンジしてみたい方に使っていただきたいと考えます。

・このサービスの解決する社会課題はなんですか?

障がいの理解や障がい者の雇用が課題として考えられます。
しかし、障がいを個性として、様々な人と関わることが出来るプロジェクトであるため、
障がいの理解や障がい者の新しい働き方になると考えています。

・創業期に大変だったことは何でしょう?またどうやって乗り越えましたか?

車いすで乗り降り出来て、作業ができるキッチンカーという前例が無かったため、本当に可能なのかという意見も多く頂きました。
しかし、作業療法士として15年以上働いてきた経験と知識を活かし、必ず出来ると信じていました。
通常のキッチンカーを製作することが出来る金額より、高額になってしまうため、資金調達の面の不安がありましたが、クラウドファンディングを行うことで、
130名の方から、約170万円もの応援を頂くことが出来ました。

・どういう会社、サービスに今後していきたいですか?

当たり前のことが、当たり前に出来る社会になるように、物事を多面的に捉える視点を持った会社にしていきたいと考えています。
また、会社名6Lの由来でもある『Love the Life you Live、Live the Life you Love(自分の生きる人生を愛せ、自分が愛する人生を生きろ)』人生を生きろ』
の言葉を理念として、様々な人が自分の生きる人生を愛せて、自分が愛する人生を生きることが出来るように支援できる会社にしていきます。

・今の課題はなんですか?

障がいがあることで、逆に「助けてほしい」と言えないところがあるように感じています。
ノーマライゼーションの考え方がより身近なものになり、お互いが助け合える社会になることが、今の課題だと考えています。

・読者にメッセージをお願いします。

『そうぞう』×『行動』×『声に出す(発信する)』この3つをやり続けることで、0から1を作り出すことが出来ると考えています。

会社名 合同会社6L
代表者名 矢野賞太
創業年 2018年
事業内容 介護事業、キッチンカー、リラクゼーションサロン
所在地 熊本県宇城市
矢野賞太氏 プロフィール 1980年6月6日生まれ。リハビリテーション養成校作業療法学科を卒業後、総合病院に就職し、2年間医療分野で中枢疾患、整形疾患のリハビリに従事。
総合病院を退職後は、発達障がい児施設で療育に従事し、その後、介護老人保健施設に就職し、10年間地域リハビリテーションに従事。
また、認定資格シーティング・コンサルタントを取得(熊本県では唯一の有資格者)し、くまもとシーティング研究会を立ち上げ、医療・福祉従事者や地域の方向けに研修会等を実施。作業療法士であり、自身も右足大腿切断という障がい当事者であることから、障がいを持つということは、決してマイナスな要素だけだはなく、方法や手段を変えることで、よりよい生活を送ることができることを経験した。
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ 6L kitchen キッチンカー クラウドファンディング みんなの家うき ユニバーサルデザイン 矢野賞太 社会課題
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「Public dots & Company」と「スカラ」の共同開発によるSDGs特化型「逆公募プロポーザル」サービスが開始
2020年11月9日、株式会社Public dots & Companyは、株式会社スカラと、「逆公募プロポーザル」サービスを共同で開発し、11月9日から提供を開始したことを発表しました。 「逆公募プ…
クラウドファンディングの「CAMPFIRE」がソフトバンクグループの「さとふる」と業務提携
平成30年5月16日、株式会社CAMPFIREは、株式会社さとふると業務提携契約を締結したことを発表しました。 CAMPFIREは、クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」や、フレン…
NPO・医療機関などの活動団体の継続的な寄付募集を支援する「READYFOR 継続寄付」正式版がリリース
2022年2月1日、READYFOR株式会社は、「READYFOR 継続寄付」の正式版をリリースしたことを発表しました。 「READYFOR 継続寄付」は、NPO・医療機関などの活動団体が継続的に寄附…
社会課題の解決を目指すパートナーに出会えるマッチングプラットフォーム開発・運営の「ICHI COMMONS」が1.2億円調達
2021年10月6日、ICHI COMMONS株式会社は、総額1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 社会課題の解決を目指すパートナーに出会えるマッチングプラットフォーム「ICHI…
株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」運営の「日本クラウドキャピタル」が資金調達
2021年5月12日、株式会社日本クラウドキャピタルは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、加賀電子株式会社です。 日本クラウドキャピタルは、株式投資型クラウドファンディング「FUNDI…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ