ベンチャー起業家のための弁護士選びの8つのポイント

創業手帳

ベンチャー企業にとって「いい弁護士」の選び方とは?

ベンチャー起業家のための弁護士選びの8つのポイント_トップ画像イメージ
インターネットやイベント、人脈等を通じて探せば、弁護士を探すこと自体は可能であることは紹介した。

本文を読む

>【関連記事】 初めての弁護士の探し方|ネット?法律相談?知人の紹介?ベンチャーにとってベストな弁護士の探し方

では、見つけた弁護士の中からどの弁護士を選ぶのがベストなのだろうか?見つけた弁護士が「いい弁護士」であるかわからない。単発で案件を依頼するだけだなく、顧問弁護士として顧問契約を結ぶことになれば、弁護士選びはより慎重になるのではないだろうか?

そこで、今回は「いい弁護士」選びのポイントをまとめてみた。
 

「いい弁護士」選びは「いい美容師」選びと同じだ

ベンチャー企業にとっての「いい弁護士」とはどのような弁護士だろうか?ベンチャー企業にとっていい弁護士を探すプロセスを、誰でも経験のあるであろう「いい美容師」を選ぶという視点から考えてみる。

美容師を選ぶ時、まず、当然の前提として、変な髪型に髪を切られないように、普通程度に髪の毛を切る技術・経験があることは期待しているだろう。これは、いわゆる美容師としての基本的な専門スキルである。

もっとも、それ以外にどのような点を重視するかは人によって異なる。

  • 会話・雰囲気を楽しめるかを重視する人
  • 急に髪を切りたいと思った時でもすぐに切ってもらえるということを大事にする人
  • 有名なカリスマ美容師という人に切ってもらいたいという人
  • 髪型にこだわりがなく、とにかく安いということを重視する人



あたり前かもしれないが、「いい美容師」というのは人によって異なるのである。

そして、特に「会話・雰囲気を楽しめるかを重視」するつもりはなくとも、実際に長く通い続けることになる美容院には、あなたとフィーリングが合う美容師が居るのではないだろうか?「対面」のサービス業(顧客と美容師が同じ方向を向いているので物理的には「対面」ではないのだが。。。)はコミュニケーションがキモになってくる。

弁護士選びも基本的には美容師選びと同じである。難しく考える必要はない。基本的な専門能力をチェックして問題がなければ、あなたの会社が重視するポイントと個人的なフィーリングを評価して選べばよい。

弁護士選びの基本の考え方
  • 基本的な専門スキルを身につけているのが前提
  • 会社によって異なる重視するポイントを評価する
  • 弁護士個人とのフィーリングが重要


「いい弁護士」を選ぶために重要なポイント

1. 弁護士選び以前:何をしてもらいたいか?を整理する

多くのベンチャー企業にとって、最低限の法律知識・経験があることは当然期待しているだろう。一方で、前述したように、それ以外にどのような点を重視するかというのは、会社によって異なってくるのが当然である。

あなたの会社が、具体的にIPOを目指す段階にあるベンチャー企業なのであれば、IPOに関する法的業務に精通している弁護士を探す必要があるし、海外との取引を考えているのであれば、海外取引に関する法的業務に精通している弁護士に依頼する必要がある。

もし、企業としての箔をつけたいということであれば、カリスマ美容師ならぬカリスマ弁護士や、弁護士が100人以上所属しているような大規模な法律事務所に依頼するのも1つのステータスとしてありうるかもしれない。

このように、企業の目的によって弁護士に何をしてもらいたいか?は異なる。したがって、企業によって当然「いい弁護士」も異なってくるのだ。

弁護士選びに入る前に、起業家やベンチャー経営者自身が、弁護士に「何をしてもらいたいのか?」をハッキリとさせておくことが第一である。

2.話しやすさ・相談しやすさを重視

一般的に、弁護士に相談するような事柄は、そもそも相談するのに気乗りしない(後回しにしがちな)事柄であることが多い。そのため、話しやすい、相談しやすいというのは弁護士選びの際の大事なポイントである。

ちょっとした問題があった時に、すぐに電話をかけて相談しようと思えるような弁護士が望ましいだろう。

逆に言うと、能力的に申し分なくても、なんとなく話しづらいな~と感じる弁護士は避けるべきである。

3.レスポンスの早さを重視する

あなたの会社が、急成長を目指すベンチャー企業なのであれば、スピードが命だ。これは弁護士とのやり取りにも当てはまる。法務関連の問い合わせをしたときにレスポンスの早い弁護士を選ぶとよい。

 

この記事に関連するタグ

この記事に関連する記事

創業手帳

創業時に役立つツール特集

カテゴリーから記事を探す