確定申告を青色から白色に切り替えたい!手続き方法と疑問点を解説

確定申告を青色から白色に切り替える方法をパターン別に解説。切り替え時に気をつけるポイントは?

確定申告青色から白色に変更するには

(2020/10/06更新)

メリットの多い青色申告による確定申告。しかし、売上低下や申告の複雑さを理由に青色から白色に戻したいと考える人も多いのではないでしょうか。

「青色から白色への変更は簡単にできるの?」「変更のタイミングは?」「ペナルティはないの?」「どうやって手続きすればいいの?」などの疑問にお応えすべく、確定申告を青色から白色に切り替える方法をご紹介します。

白色申告に切り替える際の気になる疑問点や、青色申告を取りやめる場合に気をつけたいポイントなどを詳しく見ていきましょう。

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください。

確定申告を青色から白色へ切り替える方法

青色から白色への確定申告の切り替えは、「来年度以降も白色申告をする場合」と「今年度分だけ白色申告する場合」の2つのパターンに応じて方法が異なります。
いずれの方法についても、規則を守った上で青色から白色に切り替える必要があります。

パターン①:来年度以降も白色申告をする場合
パターン②:今年度分だけ白色申告する場合

パターン①:来年度以降も白色申告をする場合

今年度分だけでなく、来年度以降も白色申告をする場合、「青色申告取りやめ届出書」を税務署に提出する必要があります。
一度、「青色申告取りやめ届出書」を提出すると、今後1年間は青色申告による承認を得られないため注意しましょう。

「青色申告の取りやめ届出書」を提出

今年度から白色申告に切り替えるには、税務署に「青色申告の取りやめ届出書」を提出します。青色申告を取りやめようとしている年の翌年3月15日(例:令和2年度分は令和3年3月15日)までに届出書を提出することで、今年度分から白色申告に切り替えられます。

「青色申告の取りやめ届出書」は、納税地を管轄する税務署に持ち込むか、郵送での提出が可能です。
また、個人事業主で青色申告の取りやめとともに、事業を廃止する場合には、「個人事業の開廃業等届出書」も合わせて提出します。

「青色申告の取りやめ届出書」の記載方法

「青色申告の取りやめ届出書」は、国税庁のホームページから取得できます。
青色申告取りやめ届出書

①フォーマット左上にある納税地の税務署名、提出日を記入します。

②次に、右上の納税地を「住所地、居住地、事業所等」から該当する項目を選択し、住所と電話番号を記入します。

③納税者の氏名と職業、また屋号を取得している場合には、屋号の記入も必要です。

④「令和_年度分の所得税から、青色申告書による申告を取りやめる」の部分は、白色申告に切り替える年度を指します。
令和2年度分の所得税を青色から白色で確定申告する方は、「令和2年」とします。 また、青色申告の承認を受けていた期間も記入しましょう。

⑤最後に、「青色申告を取りやめようとする理由」の記入です。
青色申告によるメリットを得られなくなった場合には「白色申告への切り替えのため」、個人事業主として廃業する場合には「廃業のため」などが理由となります。

パターン②:今年度分だけ白色申告する場合

今年度分だけ白色申告をして、来年度は青色申告を予定している場合、「青色申告の取りやめ届出書」を提出する必要はありません。
白色申告で規則となっている単式簿記での帳簿書類や、損益計算書といった書類を確定申告時に提出します。

「帳簿書類の保存」は義務

ただし、青色での確定申告の承認を受けている場合、昨年度までに青色申告で提出した帳簿書類を7年間保存しなければなりません。
また、今年度のみ白色申告した書類に関しても、7年間に渡って保存する必要があるため、忘れないようにしましょう。

青色から白色に切り替える際の疑問を解決

青色申告取りやめの疑問点
「青色申告の取りやめ届出書」を提出することで、白色申告への切り替えを行えます。とはいえ、青色申告を取りやめることへの罰則や、将来的に青色申告に再び戻せるかといった不安もあるのではないでしょうか。

白色申告に切り替える際の気になる疑問点に対して、解説していきます。

青色申告を取りやめるのに罰則はあるの?

青色申告を取りやめて、白色申告に切り替えることに対する罰則はありません。

青色申告のメリットが得られなくなったことや、帳簿付けを簡素化したいという理由でも、「青色申告の取りやめ届出書」を提出することでいつでも切り替えられます。

ただし、白色に切り替えても、確定申告の手続きは義務として継続しなければなりません。簡素化を目的として白色申告に切り替えたものの、確定申告自体が面倒となり放置すると、無申告加算税や延滞税が発生するほか、脱税行為として摘発される可能性もあります。

また、今年度分のみ白色申告に切り替える場合も、青色申告で提出した帳簿書類の保存が義務となっている点にも注意しましょう。

青色申告に戻すことはできるの?

白色申告への切り替え後も、青色申告に再度切り替えることができます。

青色申告へ切り替えるためには、「所得税の青色申告承認申請書」を税務署に提出します。青色での確定申告を行う年度の翌年3月15日(令和2年度分は、令和3年3月15日)までに提出すれば、その年度から青色申告での確定申告が可能です。

ただし、一度「青色申告取りやめ届出書」を提出し、白色申告に切り替えると1年間は、青色での確定申告を行えません。

確定申告を青色から白色に切り替えるタイミングとは?

青色申告から白色申告に変更すべきタイミング

個人事業主として確定申告を行う際、節税対策として利用する青色申告。しかし、青色申告は複雑な帳簿付けが必要なうえ、適用条件に当てはまっていないとメリットを得られず、白色申告で確定申告を行った方が利点となる場合もあります。

青色から白色に戻すタイミングはどのような場合が想定されるでしょうか。

青色申告のメリットを得られていない

青色申告のメリットは、売り上げに対して最大65万円の特別控除を受けられることです。
(※令和2年度より、電子帳簿保存とe-taxによる確定申告書の提出が必要。従来の紙媒体による提出は、特別控除が55万円に減額。)

国税庁によると青色申告で特別控除のメリットを得るためには、以下の適用条件に当てはまる必要があります。

1.不動産所得又は事業所得を生ずべき事業を営んでいること。

2.これらの所得に係る取引を正規の簿記の原則(一般的には複式簿記)により記帳していること。

3.2の記帳に基づいて作成した貸借対照表及び損益計算書を確定申告書に添付し、この控除の適用を受ける金額を記載して、法定申告期限内に提出すること。

上記の条件において、とくに注意するべき点が「不動産所得か事業所得」があることです。

小売業やサービス業に該当する「事業所得」、アパート・マンション・駐車場といった賃貸による「不動産所得」、また山林の伐採や立ち木のままの譲渡による「山林所得」が青色申告の対象となっています。

一方、会社員が受け取る「給与所得」や「退職所得」、さらに株式の配当金や投資信託の分配金である「配当所得」などは、青色申告の対象外です。

また、青色申告によって最大65万円の控除が認められますが、売り上げが極端に低い年などは、節税効果も薄れてしまいます。

帳簿付けを簡単にしたい

青色申告で最大65万円の特別控除を受けるには、複式簿記での確定申告が義務となります。
しかし、複式簿記は取引で発生した金額に対して、「貸方」と「借方」という項目を使って記帳しなければならず、手間がかかるのがデメリットです。

白色申告も帳簿付けが必要とされていますが、収入金額や必要経費の記帳するだけで済むため、青色申告よりも作業を簡素化できます。

青色から白色に切り替える際の注意点

青色から白色に切り替える際に、罰則などは設けられていませんが、白色申告に切り替えることで、青色申告の節税メリットや特典を得られなくなる点に注意しましょう。

ココ注意!
  • 節税対策の幅が狭くなる
  • 青色申告の特典を得られなくなる
  • 対外的な信用に影響する

節税対策の幅が狭くなる

青色申告では、「最大65万円の特別控除」が適用されるため、年間300万円の売り上げがある場合、課税対象額を235万円まで減額できます。

白色申告では、「10万円の特別控除」が受けられるため、
年間300万円の売り上げがある場合、課税対象額は290万円になります。
白色申告に切り替えてしまうと「最大65万円の特別控除」を受けられないため、売り上げが好調だったとしても、節税対策を講じられません。

青色申告の特典を得られなくなる

白色申告に切り替えることで、以下の青色申告による特典を得られなくなります。
・家族への給与を経費処理
・赤字の繰り越しが可能
・貸倒引当金の経理処理

家族への給与を経費処理

青色申告することで、家族への給与を全額経費として処理できます。
白色申告では、配偶者へは最大86万、そのほかの親族へは1名最大50万円が控除範囲となるため、家族で事業を行っている場合は青色申告の方が節税効果があります。

赤字の繰り越しが可能

青色申告では、今年度に発生した赤字を翌年度の黒字と相殺できます。

例えば、令和2年度に赤字が発生し、令和3年度以後に事業が黒字化すると最大3年間(この場合、令和5年度まで)にわたって、各年度の所得金額から控除されます。
なお、赤字の場合、所得がマイナスであるため、所得税はかかりません。

さらに、赤字が発生した前年度が黒字である場合(例:令和2年度が赤字、令和元年が黒字)、損失額を前年にさかのぼって繰り戻し、前年度分の所得税還付金を受け取れます。

起業直後の経営が不安定な時期は、青色申告の特典を活用した節税効果が期待できます。

貸倒引当金の経費処理

売掛金や貸付金の回収リスクが生じた場合、貸倒引当金を必要経費として処理することで節税できます。白色申告でも同様に貸倒引当金としての経費処理が可能ですが、「取引先に支払い能力がないことが確実である場合」に限られています。

青色申告では、「取引先の支払い能力に関係なく、信用性の高い取引先」も対象です。12月31日までの貸金(売掛金、貸し掛け金)の残額の5.5%(金融業は3.3%)までを貸倒引当金として経費処理できるため、取引先からの回収リスクに備えられます。

対外的な信用に影響する

日々発生する取引に対して、細かい帳簿を行う青色申告は対外的な信用を得られます。

融資を受ける際などは、健全な企業経営が行われているかを確認する書類として、損益計算書や貸借対照表などの財務諸表が必要です。
白色申告での簡易帳簿の場合、経営実態を把握できず断られてしまう可能性あるため、注意しなけばなりません。

また、起業したばかりの経営者や個人事業主の場合、取引先からの与信調査に伴い、財務諸表の提出が求められることもあります。

金融機関からの融資に限らず、事業の拡大を進めて行く際にも青色申告の方が信用を得られやすいでしょう。

確定申告を青色から白色へ~節税効果を考慮して~

「青色申告のメリットを得られていない」、「帳簿を簡素化したい」といった理由で、確定申告を青色から白色に切り替えることができます。切り替え方法は2つのパターンによって異なるものの、複雑な手続きは必要としません。

ただし、青色から白色に切り替えることで、青色申告による節税効果を得られなくなってしまう点に注意しましょう。

一時的に売り上げが減ってしまい複雑な帳簿を避けたい方や、メリットを十分に活かせていないといった場合に、白色申告への切り替えを検討してみてください。

創業手帳冊子版では、起業したばかりの経営者や個人事業主が気になる情報を掲載しています。無料で配布を行っておりますので、Web版と合わせてご活用ください。

関連記事
確定申告とは?初めてでもわかる確定申告ガイド
税理士とは 仕事の内容をわかりやすく解説。良い税理士を探すポイントは
こちらのカテゴリをご覧になっている方へおすすめしたい創業手帳冊子

(編集:創業手帳編集部)

会計・税務は最新号の創業手帳(冊子版・無料)も併せて読んで見て下さい。

この記事に関連するタグ

創業時に役立つサービス特集

リアルタイムPVランキングトップ3

カテゴリーから記事を探す

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ