【みんなのコロナ対策アンケート結果】新型コロナの影響と対策をご紹介!

創業手帳

創業手帳独自に起業家の新型コロナ対策を調査しました

みんなのコロナ対策アンケート

(2020/04/30更新)

新型コロナウイルス感染症の影響により、4月には全国で緊急事態宣言が発令されました。
この緊急事態宣言を受け、飲食店やライブハウスはもとより、観光業、イベント事業などでも大きな影響が出ています。

今回、創業手帳ではメールマガジン会員を対象に、新型コロナウイルス感染症による影響や対策について、アンケートを実施しました。

合計で194件の回答があり、そのアンケート結果をまとめたので、一部を抜粋して皆さんにご紹介します。

様々な業種の起業家による、生きたノウハウが、少しでも皆さんの事業に役立つことができれば幸いです。

また、今回の新型コロナ対策アンケートの回答をまとめた起業家みんなの新型コロナ対策回答集無料でプレゼントしています。
すぐに活用できるノウハウが詰まっているので、ぜひお申し込みください。

また、創業手帳の冊子版では、起業家のインタビューを多数掲載しています。事業に対する熱い想いを持った経営者のエピソードを参考にしてみてください。

本文を読む

「新型コロナによる影響があった」と回答したのは全体の約54%

今回のアンケートは、創業手帳のメルマガ会員を対象に、今年3月25日から4月6日までの13日間で調査を実施しました。全部で194件の回答がありました。

このうち、新型コロナウイルス感染症による影響があったと回答したのは、全体の約54%です。

コロナウイルスの影響円グラフ

アンケート回答者のうち、半数以上の起業家が新型コロナウイルス感染症による影響を受けていることが分かりました。

飲食業や小売業で新型コロナによる影響大

新型コロナウイルス感染症

具体的に新型コロナウイルスによって、どのような影響受けているのか、起業家の回答をご紹介します。

  • 飲食店舗(居酒屋)も経営しています。4名様以上の来客が極端に少なくなりました。宴会需要もなく困り果てています。教室、セミナー用のレンタルスペースはキャンセルが相次ぐ。主催講座やイベントは開催の目処が立たない。
  • レンタル事業については影響ありませんが、カフェ事業が打撃を受けており、全体の売上として前月の3分の1にまで減少しています。起業して間もないので前年度比を出すことができず、支援も受けられない状態です。
  • 中国から入荷すべき商品が次々と滞り、売り上げに悪影響をきたしております。国内在庫商品の調達でなんとか被害を少しでも抑えられるようにはしているものの、なかなか厳しいというのが現状。

主に飲食業小売業で影響があったという回答が多数ありました。

緊急事態宣言の外出自粛によって、外食に行く機会が大幅に減少したこと、中国からの物流の遅延が原因です。

また、介護事業やイベント事業においても、影響を受けているとの回答もありました。

  • 介護事業です。利用者様がヘルパーさんからうつると困るので、とのことでキャンセルが相次いでいます。
  • 演劇の公演制作をしています。いわゆるイベント業で、3密禁止の影響を受け、売り上げが落ちました。

人が接触する機会の多い業種は、新型コロナウイルス感染症による影響を受けやすいといえます。

創業段階では融資の先送りによる影響も

なかには、創業段階で行政の創業融資を申し込んでいたが、新型コロナウイルス感染症の影響で経営困難となっている企業を優先しているため、融資が先送りになってしまったという回答もありました。

  • 行政の創業事業である融資が、コロナで経営困難な状況の企業優先のため、起業・創業の行政優遇条件の融資時期が先送りとなり、事業開始時期に影響が出ています。

企業が行っている対策は「割引・サービス」「消毒・換気」「リモート・オンライン」の3柱

新型コロナウイルス対策

新型コロナウイルス感染症による影響に対して、企業が行っている対策にはどういったものがあるのでしょうか。

回答の中で多かったのは、従業員のリモートワークへの転換や料金割引などのサービス、消毒液の設置や換気による環境改善でした。

この他の対策についても、アンケートの回答から一部ご紹介します。

  • 本格的な台湾料理を提供する飲食店を運営しています。薬膳スープを無料で提供していますが、不安の中、薬膳スープを目当てにリピートしてくれる顧客が3月だけで23組のべ55名来店してくれました。店ごとの特色を利用して、イメージアップ戦略と減客を少しでも抑制できればと思ってスタートしました。
  • 新型コロナの影響を受けて地元でテイクアウトメニューについての情報を集めたSNSグループなどが立ち上がっているので、そういった情報にアンテナを張りつつ、お客様からもテイクアウトにしたいというご要望があるのでテイクアウトメニューを検討中です。
  • 対面授業をすべてオンライン授業へとシフトした。

飲食店では、お店の特色を利用したサービスを展開したり、テイクアウトを実施できるように移行するといった、対策を取っているところが多くありました。

また、スクール事業などにおいては、対面で行なっていたものをオンラインで実施する、といった対策を取っているところもありました。

新型コロナ対策アンケートのまとめ

今回のアンケートから、新型コロナウイルス感染症による影響や具体的な対策についてご紹介させていただきました。
アンケートでは、このほかにも「役立ったツールやサービス、制度について」の回答をまとめています。

新型コロナウイルス感染症の影響を受けている中でも、活用することができる有益な情報となっています。

当記事でご紹介した以外にも、様々な業種の回答が掲載されているので、ぜひ事業運営の参考にしてみてください。140万部突破の起業家の対策全般が網羅された創業手帳も一緒に無料でもらうことができます。

新型コロナ対策チェックシートやアンケートの回答集、創業手帳はこちらからお申し込みください。

関連記事
新型コロナで資金繰りにあえぐ経営者必見! 国の事業者向け支援のポイントまとめ
Web会議ツールの専門家が解説!スタートアップに必要なオンライン会議システムのポイント
読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。

この記事に関連するタグ

創業時に役立つサービス特集

リアルタイムPVランキングトップ3

カテゴリーから記事を探す