シェアオフィスという選択肢

創業手帳

オフィス選びは意外と難しい?!

本文を読む


shared_office_figuer01

会社の登記場所として、また実際のビジネス活動の中心としてオフィスが必要になる。自宅を会社の登記場所する創業者も多いが、ビジネス用のオフィスを構えることをお奨めしたい。

オフィスを持つことによって対外的に会社の信用度を上げるメリットがある。また、オフィスで仕事に取り組むことで、仕事とプライベートのオンとオフを切り替えることがしやすくなり、精神面でもメリハリをつけることもできるだろう。

業種によってその条件は大きく異なるが、地代家賃は人件費と並んで会社経営の費用に占める割合も大きい。よって、オフィス選びは重要だが、意外と難しい。立地の利便性、周囲の環境、人員計画や来客数を想定したスペースだけでなく、耐震性などにも注目して選ぶ必要があるからだ。

シェアオフィスという選択肢

Web制作、システム開発、デザインなど、パソコン1台でできるような仕事であれば、必ずしもオフィスが必要とは限らない。一方で、前述の通り自宅で仕事を続けると、プライベートとビジネスの境が曖昧になってメリハリがなくなったり、来客や打ち合わせがしにくいなどのデメリットがある。また、自宅住所を公開したくないという人もいるだろう。

そんな課題を解決してくるのが「シェアオフィス」で働くという新しい選択肢だ。文字通り、複数の会社で一つのオフィスをシェアして利用し、椅子、机、プリンターやネット環境なども整っているので、すべて自前で事務所を構える場合と比べて費用を限りなく抑える事ができる。また、開業者や個人事業主が多く入居しているため、ビジネス情報を交換をしたり、苦労を分かち合ったり、互いの専門分野を活かして支え合う事が出来るなど、環境的なメリットも多い。
 
さらに最近では「ビジネス交流」の側面を一歩進めたシェアオフィスの形態として、「コワーキングスペース」が盛んになっている。

では、コワーキングスペースにはどんな良さがあるのだろうか?銀座の一等地にあるコワーキングスペース「the SNACK」の五十嵐氏にお話を伺った。

この記事に関連するタグ

この記事に関連する記事

創業手帳

創業時に役立つツール特集

カテゴリーから記事を探す