注目のスタートアップ

マニュアル・ナレッジ管理アプリ「toaster team」運営の「noco」が1.3億円調達

company

2022年2月21日、noco株式会社は、総額1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

マニュアル・ナレッジ管理アプリ「toaster team(トースターチーム)」を運営しています。

業務マニュアル・動画マニュアル・社内用語・日報・議事録・ニュースなど業務に関する様々な業務手順やノウハウを作成・管理・共有し、社員・スタッフの即戦力化や業務効率化の向上を実現するクラウドサービスです。

文書・動画マニュアル共に、テキストの入力や編集を効率化するための機能を備えているため、外部ツールなどを必要とせず、このサービスひとつで、すべてのマニュアル・ナレッジを作成・管理・共有することが可能です。

今回の資金は、「toaster team」の新機能開発や、デジタルワークプレイスツール「n」ブランドの立ち上げ、人材採用の強化、マーケティング活動に充当される予定です。

以前からナレッジ(知識)の管理・共有は重要な課題のひとつとして認識されていました。

もし社内でナレッジの管理・共有が上手くいっていなければ、業務の属人化が進んでいき、社員が求職・退職した際にはその社員が持っていたノウハウが失われてしまうことになります。

またナレッジの管理・共有は、新型コロナウイルス感染症の流行によりテレワークが普及したことで、さらに重要なものとして考えられています。

テレワーク環境ではこれまでよりも気軽なコミュニケーションが困難になってしまったため、必要なときに必要な情報にアクセスできる環境を整備することが必要です。

ナレッジ管理・共有システムはこういった課題を解決するものとして、様々な企業・組織への導入が進んでいます。

nocoの「toaster team」は、ナレッジだけでなくマニュアルも一元的に作成・管理・共有できるアプリです。

このアプリを導入することでサービス業などクオリティの統一が必要な領域において、適切なマニュアル・ナレッジの作成・管理・共有が可能となります。

創業期はコストの面から、業務効率を向上させるツール・サービスを厳選して導入する必要があります。「冊子版創業手帳」では、創業期に特化した社内システムの構築のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ noco toaster team コミュニケーション トースターチーム ナレッジ ノウハウ マニュアル 情報 株式会社 業務効率化 管理 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

政策・イシューの投票に参加しコメントできるSNS「Surfvote」などを運営する「Polimill」が4,330万円調達
2022年12月13日、Polimill株式会社は、総額4,330万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Polimillは、政策・イシューのVote(投票)に参加しコメントできるSNS「Sur…
農業向けドローン・ソリューション提供の「スカイマティクス」が資金調達
2019年11月14日、株式会社スカイマティクスは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社博報堂DYベンチャーズが運用するファンド「HAKUHODO DY FUTURE DESIG…
短距離・ラストワンマイル物流に特化した物流ソリューション事業を展開する「エニキャリ」が5.5億円調達
2022年7月26日、株式会社エニキャリは、総額約5億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 デリバリーサイト構築サービス「Anymo」、配達管理システム「ADMS」、ドライバーインフ…
スポーツ映像分析プラットフォーム提供の「RUN.EDGE」が5.8億円調達
2020年2月27日、RUN.EDGE株式会社は、総額5億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 シーン映像の検索・分析ができる、スポーツ映像分析プラットフォーム「FL-UX」を提供し…
美容業界向けチャット型人材マッチングサービス「WORKCANVAS」を運営する「グラム」が2億円調達
2022年11月15日、株式会社グラムは、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 グラムは、美容業界向けチャット型人材マッチングサービス「WORKCANVAS」を開発・運営しています。 …

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】