注目のスタートアップ

株式会社DRIPS 各務康貴|従来の4分の1の価格!透明のマウスピースを使った矯正サービス「hanaravi」の事業展開で注目の企業


透明のマウスピースを使った矯正サービス「hanaravi」事業を通じて、健康寿命の増進や病気予防の推進を図り、注目されているのが、各務康貴さんが2019年6月に創業した株式会社DRIPSです。

様々な健康管理方法や、健康増進方法が世の中に存在しますが、全身の健康維持に直結する第一歩目は「口腔内の環境」の整備と言われています。最近では経済財政運営の指針「骨太の方針」に「国民皆歯科健診」が盛り込まれたりと、人生100年時代に向けた取り組みの一つとしても注目がされています。
虫歯や歯周病などがなく、歯列も整っていて食物をきちんとかみ砕くことが出来ることで、臓器の健全な働きを促進することはもとより、脳の活性化や人とのコミュニケーションが改善され、結果、笑顔が増え、心身共に健全な生活を送れるようになります。

しかし、普段の生活において、特に目立った自覚症状がないのに、わざわざお口の中のケアに努力と時間をかけるという方は少ないのが実情でしょう。
また、定期的な通院は費用や時間がかかるため、必要性は理解するものの億劫さが先立ち、なかなか行動に移せなかった、という方もいらっしゃるかと思います。

今、改めて口腔内環境に着目し、未病促進・健康寿命の増進に取り組むある起業家の挑戦に注目が集まっています。

株式会社DRIPSの各務康貴さんに、事業の特徴や今後の課題などについてお話をお聞きしました。

・このプロダクトを開発しようと思ったきっかけや経緯について教えてください。

救命医師として救急医療や在宅医療に携わる中で、口腔内の環境が悪いことで肺炎などの病気になり亡くなっていた方々を多く目にしました。
もともと予防医学に関心を持っていたことも手伝って、より多くの人にインパクトを与える方法で一次予防を広めたいと思い、口腔内から寿命や健康にアプローチすることを志すようになりました。

しかし、いくら真っ向から「健康に直結する口腔内の環境に意識しましょう」と伝えても、すぐ目の前に見えるメリットがなければ人はなかなか行動に移せないものです。
そこで、歯並びの美しさを手に入れるという目の前のメリットを押し出すことにより、結果、口腔内の環境を整え、健康増進や疾病予防に繋げるという戦略を立て、この事業を開始しました。

・このプロダクトの特徴は何ですか?

透明のマウスピースを使用するので、ワイヤーと比べて矯正していることが目立ちにくく、付け外しも自分で簡単に行えるのが特徴です。

【大きな特徴】
・費用は歯科矯正の従来価格の3分の1、追加料金がかからない
・日本国内拠点での製造を実現、治療期間の削減が可能に
・通院回数は最低1回、LINEで専門医がサポート


・どういう方にこのサービスを使ってほしいですか?

矯正を始めたかったが、始めるまでのハードルが高くてできなかった方に使っていただきたいです。

もっとも、起業のきっかけでもある「予防医学」を推進し、健康寿命を伸長するという目的が、この事業の背景にはあります。
老若男女問わず、いつまでも若々しく健康で元気で豊かな生活を送り続けたいと願う方々すべてに、このサービスを知って頂き、活用していただきたいです。

・このサービスの解決する社会課題はなんですか?

口腔環境が悪いことから肺炎など体全体の健康に影響することが分かっています。
若いうちから口腔環境に関心を持つことで、将来的な未病につながります。
それによって、個々人の健康増進はもちろんのこと、現在社会課題になっている医療費問題や医療機関ひっ迫問題の軽減にも寄与できると考えます。

・創業期に大変だったことは何でしょう?またどうやって乗り越えましたか?

①実際にサービスを開始するまでのテスト
マウスピースは人体につけるプロダクトなので、より安全性が求められます。
サービス開発を行うための、専門の歯科医師や医療機関や研究機関の協力が必要でした。

②バリューチェーンが長いサービスならではの悩み
マウスピースの製造だけでも大変なうえに、カスタマーサポートや医院との連携、マーケティングやエンジニアリング等、サービスを運営する上で最低限の範囲だけでも多くの機能を揃える必要がありそれらを満たすのが大変でした。さらに医療にかかわるため、他のサービスに比べて考慮する点が多く、苦労しました。

・どういう会社、サービスに今後していきたいですか?

まずは何よりも、患者さんのためにより信頼できるサービスに成長させていきたいです。
そして、マウスピース矯正サービスといえば「hanaravi」と言われるよう、この分野で一番になれるよう邁進します。
ゆくゆくは歯科矯正に限らず、医療全体の領域で手軽に健康になる手段が手に入れられるようなサービスを新たに創っていきたいとも考えています。

・今の課題はなんですか?

リーズナブルにサービス提供をすることで、今まで手を出せなかった多くの方が歯科矯正に取り組んでいただけます。
ただ、リーズナブルなゆえに質が悪いのでは?と言った見られ方をしてしまうことがあります。
インビザラインも数年前には、あまりメインで治療に使われるものではなかったイメージがありますが、現在ではマウスピース矯正の第一人者として見られるようになってきています。
われわれも、確実なサービス提供とサービス改善によって、リーズナブルで有るけれども質が高い、そして第一選択として考えられるようなサービスとしての認知を広めていければと思っております。

・読者にメッセージをお願いします。

歯科矯正は人生のなるべく早い時期に行うことで、その後の健康へ良い影響を及ぼせると思っています。なるべく多くの方に興味をもっていただき、将来の健康につなげていただければ嬉しいです。

会社名 株式会社DRIPS
代表者名 各務康貴(かくむ やすたか)
創業年 2019年7月25日
社員数 23名
所在地 東京都
サービス名 hanaravi
事業内容 マウスピース矯正
代表者プロフィール 1988年9月1日生まれ、福岡県北九州市出身。医学部卒業、初期研修を経て医師として救急医療や在宅医療に携わりながら、大手広告代理店にて中長期戦略策定・新規事業開発・ブランディング戦略などに携わる。
2019年に独立し、株式会社DRIPSを創業。従来価格の4分の1で歯科矯正を行うことができるマウスピース矯正hanaraviをサービス開始。
読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ DRIPS マウスピース矯正 各務康貴
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

サブスク型マウスピース矯正「hanaravi矯正」運営の「DRIPS」が6,100万円調達
2020年6月30日、株式会社DRIPSは、6,100万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、ニッセイ・キャピタル株式会社です。 マウスピース歯科矯正サービス「hanaravi矯正」を…
マウスピース型歯科矯正サービス「DPEARL」を展開する「フィルダクト」が1.5億円調達
2022年6月23日、株式会社フィルダクトは、総額約1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 フィルダクトは、透明マウスピース型の歯科矯正サービス「DPEARL(ディパール)」を運営…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ