注目のスタートアップ

家具のサブスクリプションサービス「サブスクライフ」などを展開する「ソーシャルインテリア」が24億円調達

company

2024年1月11日、株式会社ソーシャルインテリアは、総額約24億円の資金調達を実施したことを発表しました。

ソーシャルインテリアは、個人向けの家具のサブスクリプションサービス「サブスクライフ」、オフプライスマーケット「サブスクライフ オフプライス」、法人向けサービス「ソーシャルインテリア オフィス構築支援」、家具業界向けプラットフォーム「ソーシャルインテリア 業務管理クラウド」などを手がけています。

「サブスクライフ」は、月額で必要な時に必要な分の新品家具・家電を利用できるサービスです。使い続けても商品価格を超えない月額料金設定を特徴としています。

「ソーシャルインテリア オフィス構築支援」は、家具のサブスク提供だけでなく、オフィス移転・空間デザイン・家具選定までワンストップでサポートする法人向けサービスです。

今回の資金は、「サブスクライフ」「ソーシャルインテリア オフィス構築支援」のシェア拡大、「ソーシャルインテリア 業務管理クラウド」による家具業界DXに向けた施策の加速に充当します。


経済活動が環境に与える課題が深刻化し、SDGs(持続可能な開発目標)の推進を契機に、世界的に環境に優しい社会を実現する取り組みが進行しています。

その中で注目されているのが「循環型社会」や「循環経済」の考え方です。

循環型社会は、有限な資源を効率的に利用し、リサイクルを通じて資源を循環させる社会の概念です。循環型社会の実現のためには、再利用の仕組みを構築する必要があります。

現代社会では大量生産・大量消費・大量廃棄が主流です。たとえば、家具についても、安価な素材や大量生産による効率化により、比較的手頃な価格で提供されています。しかし、これら安価な家具は機能性・見た目・耐久性に劣り、廃棄が問題視されています。

ソーシャルインテリアは、循環型社会の実現に向け、新品家具・家電のサブスクリプションサービス「サブスクライフ」や、家具・家電のオフプライスマーケット「サブスクライフ オフプライス」を提供しています。

サブスクリプションサービスは初期費用が低く、処分費用がかからない、模様替えのハードルが下がるなどのメリットがあり、現代社会において高品質な家具をより多様な人びとが利用するための仕組みとして注目されています。

レンタルサービスなどは資金に制限のある創業期において便利な存在です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期にとって大きな投資となるオフィスについて、レンタルやコワーキングスペースのメリット・デメリットを比較し、おすすめの形態を解説しています。

また、企業の成長においては資金調達が重要です。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB オフィス オフプライス オフプライスマーケット サブスクライフ サブスクライフ オフプライス サブスクリプション ソーシャルインテリア ソーシャルインテリア オフィス構築支援 ソーシャルインテリア 業務管理クラウド 利用 家具 家電 月額 株式会社 空間デザイン 資金調達
オフィス移転手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

簡単にブロックチェーンを構築できるクラウドサービス「G.U.Blockchain Cloud」提供の「G.U.テクノロジーズ」が1億100万円調達
2021年8月26日、G.U.テクノロジーズ株式会社は、総額1億100万円の資金調達を実施したことを発表しました。 簡単にブロックチェーンを構築できるBaaS(Blockchain as a Serv…
オペレーション構築支援事業を展開する「クロス・オペレーショングループ」(旧:アイセールス)が1億円調達
2022年10月4日、株式会社クロス・オペレーショングループは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、アイセールス株式会社から、株式会社クロス・オペレーショングループへと社名変更…
個人のお金に関する情報をオープンにする「OpenMoney」運営の「JUKKI」が6,000万円調達
2022年2月9日、株式会社JUKKIは、総額約6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 個人のお金に関する情報をオープンにするサービス「OpenMoney」を運営しています。 登録する…
コンピューターゲーム向けサイバーセキュリティ事業を展開する「Sentry」が4,000万円調達
2022年5月11日、株式会社Sentryは、総額約4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Sentryは、コンピューターゲーム向けチート対策プロダクト「Sentry Anti-Che…
DX支援などの「レッドジャーニー」と総合ITサービス企業の「TIS」が業務提携
2020年10月16日、株式会社レッドジャーニーは、TIS株式会社と業務提携したことを発表しました。 レッドジャーニーは、DX支援事業や、DX人材教育事業、新規事業・新規プロダクト開発支援事業などを展…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】