注目のスタートアップ

企業向け健康管理システム「Carely」を展開する「iCARE」が「オムロン」と資本業務提携

company

2024年7月3日、株式会社iCAREは、オムロン株式会社と、資本業務提携を開始したことを発表しました。

オムロンは、2024年7月2日に、iCAREの既存株主であるベンチャーキャピタルからの譲渡により、iCAREの株式の30%を取得しました。

iCAREは、企業向け健康管理システム「Carely」や、産業医向け案件紹介サービス「Carely産業医」、産業保健看護職向け転職支援サービス「Carely産業保健師」を展開しています。

「Carely」は、カンパニーケア(企業の健康管理)の伴走支援サービスです。健康管理業務のデジタル化による業務効率化だけでなく、課題抽出・分析・施策立案・運用など、カンパニーケアの流れを専門家とテクノロジーによってサポートします。

今回の提携により両社の関係を強化し、オムロングループが保有するヘルスケアドメインのユーザーアセットと、iCAREが保有する産業保健領域でのデータネットワークを活用し、幅広いデータを連携・分析することで企業の健康管理領域でのソリューション事業を創出します。


従業員の健康や体調は組織の生産性に大きな影響を与えます。

たとえば、病欠による生産性の低下は経営者や管理職にとって容易にイメージできる問題です。

しかし、近年の研究では、病欠よりも不調を抱えながら仕事を続ける従業員が存在することが、より大きな生産性の低下を引き起こすことがわかっています。この不調には、花粉症や睡眠不足、軽度のストレスなど軽度な不調が含まれます。

軽度な不調を抱えた従業員は、本来の遂行能力が低下し、その分を補うために他の従業員に負担がかかります。この負担が連鎖することで、組織全体の生産性が低下します。

したがって、組織ではメンタルヘルス不調の予防・改善や、健康増進に取り組むことが重要視されています。

このような背景から、経営戦略として健康管理に取り組む企業が増加しており、企業の健康管理をサポートするサービスへの注目も高まっています。

心身の状態は仕事をするために重要です。また、人を雇う場合、自分だけではなく従業員の状態も管理しなくてはなりません。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「オフィス移転手帳」では、ストレスチェック実施のノウハウについて詳しく解説しています。

また、働きやすい環境を整備することも重要であり、そのための資金調達も必要となるでしょう。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB Carely iCARE ウェルビーイング オムロン カンパニーケア ヘルスケア 健康 健康管理 健康経営 株式会社 資本業務提携 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

中高卒・フリーター向け転職サイト「リバラボキャリア」と20代の未経験専門転職サイト「キャリジョブ」が提供開始
2019年8月22日、株式会社3Backsは、「リバラボキャリア」と、「キャリジョブ」を2019年8月からスタートしたことを発表しました。 「リバラボキャリア」は、中高卒・フリーターの若者のための転職…
宿泊施設向けオールインワンサービスを提供する「Check Inn」が1億円調達
2023年9月1日、Check Inn株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Check Innは、宿泊業界に特化したオールインワンツール「Check Inn」を提供しています…
ライブ動画配信プラットフォーム「SHOWROOM」が31億円調達
2019年11月21日、SHOWROOM株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ライブ動画ストリーミング・プラットフォーム「SHOWROOM」を運営しています。 また、VR/…
藻類基点の新産業を構築するプロジェクト「MATSURI」を主導する「ちとせグループ」が「資生堂」から10億円調達 戦略協業契約を締結
2023年7月11日、ちとせグループは、10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社資生堂です。また、資生堂とは戦略協業契約を締結したことも発表しています。 ちとせグループは、…
位置情報ビッグデータ活用クラウド型プラットフォーム開発・提供の「クロスロケーションズ」が2.2億円調達
2020年7月14日、クロスロケーションズ株式会社は、2億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、東京理科大学ベンチャーファンドです。 位置情報ビッグデータ活用クラウド型プラ…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】