注目のスタートアップ

複数のクラフトスイーツブランドを展開する「HiOLI」が8億円調達

company

2024年7月1日、株式会社HiOLIは、総額8億円の資金調達を実施したことを発表しました。

HiOLIは、2018年4月に創業したクラフトスイーツカンパニーです。

クラフトアイスクリームブランド「HiO ICE CREAM」、クラフトバタースイーツブランド「Butters」、チーズスイーツ「山ノチーズ」を手がけています。

バターの製造過程で発生する副産物である脱脂粉乳をアップサイクルしたクラフトスイーツを製造しています。

今回の資金調達により、オイシックス・ラ・大地グループに加わり、共同での商品開発や販路拡大など事業シナジーを強化し、さらなる成長を通じてスイングバイIPOを目指します。


クラフトビール、スペシャリティコーヒー、クラフトチョコレート、国産ワインなど、手仕事によって少量生産される食品がそれぞれの市場で影響力を増してきています。

こうしたこだわりを持つ作り手たちは、消費者との距離が近いことも多く、作り手の顔が見えるとして消費者からの信頼を得やすいという特徴があります。

ほかにも、原材料などを生産する生産者との関係も重要な要素としており、持続的な生産ができるような支援や仕組みづくりなどを手がけていることもあります。

つまり、こうした食品・商品を購入し応援することは、生産者への支援にもつながるものとして消費者に受け止められています。

こうした中で、HiOLIは、主に牛乳を用いたスイーツを企画・開発・製造しています。

「添加物を使わず、素材の味を大切にする」「特徴的な風味、食感の追求」「顔が見えるモノづくり」といった点をこだわりとしながら、バターの製造過程で生まれる無脂肪乳などの副産物を取り入れ、サステナブルなものづくりを展開しています。

株式会社HiOLIのコメント

このニュースを受けまして、株式会社HiOLIよりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

1.グローバル
ブランドロイヤリティを活用した、海外への流通販路を広げたい意向です。昨今開催していた台湾でのポップアップツアーでも大きな手ごたえを感じ、グローバルで広く食べていただけるようなブランドにしたいと考えています。

2.M&A
HiOLIの成長スピードや商品の需要が拡大している中、パートナー工場での商品製作だけでなく、いずれは自社工場を持ってスピード感のある生産を追求したいと考えています。

・今後の展望を教えてください。

「HiO ICE CREAM」や「Butters」、「山ノチーズ」のブランドを磨くフェーズになってきたと感じています。

ブランドをつくるところ・磨く、使う部分で役員がそれぞれの役割に専念し、協業していく地方や働くメンバーの「個性」をどう尊重できるか、活かしていけるかを考えていきたいです。

・読者へのメッセージをお願いします。

私たちは乳の価値をアップデートし、脱脂粉乳の余剰問題という社会課題に取り組むスタートアップです。

これまで、中長期的に社会課題に取り組みたい想いと、短中期的に結果を求められる資本市場の間で七転び八起きしてまいりました。

今回のオイシックス・ラ・大地グループに参画して成長を目指すスイングバイという手法は、社会課題に取り組むスタートアップの新たな成長手段だと考えております。

もし社会課題の解決を目標にした事業を創りたいけど、不安がある方がいらっしゃったら、私たちの取り組みを参考にしていただけたら嬉しいです。

社会課題の解決に取り組む方が少しでも増え、「やさしい社会生活を創造する」ことの一助になれば幸いです。

事業の拡大には戦略的な資金調達や、シナジーの見込める企業との提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Butters HiO ICE CREAM HiOLI アイスクリーム アップサイクル オイシックス・ラ・大地 クラフト スイーツ バター ブランド 商品開発 山ノチーズ 株式会社 脱脂粉乳 販路拡大 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

産業用ドローンを開発する「ACSL」が農業支援ロボットを開発する「アイ・イート」と資本業務提携
2022年5月13日、株式会社ACSLは、アイ・イート株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 ACSLは、産業用ドローンの開発・提供や、自律制御技術をコア技術とした、無人化・IoT…
通信業界に特化した販売応援事業やショップスタッフ育成研修事業などを展開する「育成アシスト関西」と「ピアズ」が資本業務提携
2022年10月14日、株式会社ピアズは、株式会社育成アシスト関西と、資本業務提携を行うことを発表しました。 育成アシスト関西は、株式会社育成アシストの子会社として2018年3月に設立された企業です。…
家庭料理の宅配サービス「つくりおき.jp」を運営する「Antway」が「三菱食品」と包括的業務提携
2023年5月31日、株式会社Antwayは、三菱食品株式会社と包括的業務提携を締結したことを発表しました。 Antwayは、家庭料理の宅配サービス「つくりおき.jp」を運営しています。 シェフと管理…
商用EV車両の製造・販売を行う「EVモーターズ・ジャパン」が資金調達
2023年3月27日、株式会社EVモーターズ・ジャパンは、資金調達を実施したことを発表しました。 これによりシリーズCラウンドでの資金調達は終了し、全ラウンド合計の資金調達額は総額47.25億円となり…
「酒類業振興支援事業費補助金(令和6年度予算(案))」
国税庁「酒類業振興支援事業費補助金(令和6年度予算(案))」のご案内です。 日本産酒類の輸出拡大や酒類業の経営改革・構造転換に向けて、酒類事業者による日本産酒類のブランディングや、インバウンドによる海…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】