注目のスタートアップ

2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん

一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024年2月5日(月)に開催されました。
雪の中にも関わらず、多数の来場者があり「Meetup」をテーマに、8社によるピッチアワード、100社によるショートピッチ(エレベーターピッチとリバースピッチ)、3組のIPO経営者・著名人によるトークセッション、パワーマッチングブース(対面対談)、大交流会・名刺交換会が実際されました。
参加者は、VC・CVC・エンジェル投資家が200名、大企業200名、スタートアップ400名の計800名となりました。
最優秀賞はマイクロCTC検査を活用した、がんリスク検査事業を手掛ける株式会社 セルクラウド代表取締役 中島 謙一郎さんとなりました。
他にも協賛各社による各賞の表彰も行われました。

また会場には文部科学副大臣・スタートアップ推進議員連盟事務局⻑の今枝宗一郎氏(右)や、経済産業省大臣官房参事・中小企業基盤整備機構審議役の石井芳明氏(左)も登壇した。
中央は主催の一般社団法人日本スタートアップ支援協会の代表理事・岡隆宏氏。
「JSSAから経済界の大谷選手や松山選手を産み出し日本経済の早期復活を実現したい」と抱負を語った。

The JSSA Startup Pitch Award 最優秀賞

株式会社セルクラウド代表取締役 中島 謙一郎さん

事業内容はマイクロCTC検査を活用した、がんリスク検査事業で、がんを手軽に早期発見することで治療に早期につなげるサービスだ。
社会貢献性の高い事業内容と、成長性が高く評価され受賞に繋がった。

創業手帳・編集部
受賞おめでとうございます!事業の概要を創業手帳ニュースの読者に向けて分かりやすく教えてください。

セルクラウド中島
40代の43%は残念ながらがんで無くなっているという事実があります。
がんは早く発見すれば今は治る病気です。しかし忙しいから検査をしない。それで手遅れになってしまう。
忙しいと行っても命より大事な仕事なそうは無いのになぜ検査をしないのか。そこにペインがあり我々が解決している課題です。
通常はがん検査で人間ドックに入るとまる1日かかり、数十万円の費用がかかり手軽に受けられない。だから検査をついせずに発見が遅れてしまって命を落としてしまう人が後をたたないわけです。
弊社のサービスはがん細胞そのものを補足する画期的なサービスです。最初から精密な時間とお金のかかる検査の前に一次スクリーニングを気軽にできることが大事です。
早く分かればそれだけ治る確率が上がるわけです。創業手帳の読者の方もスタートアップで忙しいかもしれません。しかし命があってこその起業です。皆様の早めにがん検査は受けましょうね!
弊社はがん早期発見に貢献できればと思っています。皆様応援宜しくお願いいたします!

株式会社 セルクラウド 概要
設立 2022年 4月
資本金 10億4,000万円 (2023年11月時点)※資本準備金等を含む
本社所在地 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-21-7

株式会社 セルクラウド代表取締役 中島 謙一郎さんプロフィール
新卒でリクルートに入社。
2000年にスタートアップベンチャーの「サイバード」に取締役として参画。創業2年半で史上最短記録でJASDAQ上場を果たす。2006年からは副社長CSO。
2010年に楽天の常務執行役員就任。楽天グループ全体のWEB編成、マーケティング等の横串系戦略部門をCMOと して統括。
2015年、楽天から派遣され米国ハーバード大学に留学、ビジネススクール最高峰のプログラム:AMP(アドバンスド・マネジメント・プログラム)を修了。
2015年7月に東証プライム上場でアジア最大の総合PR会社のベクトルに転職。専務執行役員CSOとして、グループ全体の営業推進を担う。
2022年4月、セルクラウドを起業し代表取締役就任。

概要

日時:2024年2月5日11:30~20:30
会場:札の辻スクエア 港区立産業振興センター 10F & 11F
主催:一般社団法人日本スタートアップ支援協会
共催:港区立産業振興センター
定員:800名
参加費:無料

創業手帳代表・大久保のコメント
当日弊社も参加させていただき支援者側として参加させていただきました。
来場者、登壇者の質も高く、ネットワークを求める起業家には良い場だと思いました。
今回優勝のセルクラウドのような社会性や技術の高い事業が受賞されたのも素晴らしいと思いました。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。

解説者紹介

大久保幸世 創業手帳 株式会社 代表取締役

大手ITベンチャー役員で、多くの起業家を見た中で「創業後に困ることが共通している」ことに気づき会社のガイドブック「創業手帳」を考案。現:創業手帳を創業。ユニークなビジネスモデルを成功させた。印刷版は累計200万部、月間のWEB訪問数は起業分野では日本一の100万人を超え、“起業コンシェルジェ“創業手帳アプリの開発や起業無料相談や、内閣府会社設立ワンストップ検討会の常任委員や大学での授業も行っている。毎日創業Tシャツの人としても話題に。

創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら
カテゴリ イベント
関連タグ JSSA スタートアップ支援 セルクラウド 予防医療 医療
詳細はこちら

The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

イベントの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

エクソソーム創薬の「EXORPHIA」が2億円調達
2022年5月19日、株式会社EXORPHIAは、2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社慶應イノベーション・イニシアティブ(KII)が運営するファンドです。 EXORPHI…
手術支援ロボットを開発する「F.MED」が資金調達
2022年4月11日、F.MED株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 F.MEDは、福岡県ロボット・システム産業振興会議と国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の補助事業により…
革新的乳がん用画像診断装置を開発する「Lily MedTech」が3.5億円調達!
平成30年3月28日、株式会社Lily MedTechは、総額3億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 リング型の超音波を用いた革新的乳がん用画像診断装置を開発する、東京大学発の医療…
エニシア株式会社 小東茂夫|カルテの要約作成を支援し、医療の質と生産性向上に貢献するソフトウェア開発事業が注目の企業
言語処理技術を用いてカルテの要約作成を支援し、医療の質と生産性向上に貢献するソフトウェアの開発事業で注目なのが、小東茂夫さんが2017年に創業したエニシア株式会社です。 病院勤務医師の長時間労働の現状…
同種由来iPS細胞由来心筋細胞シートの実用化を目指す「クオリプス」が20億円調達
2020年12月4日、クオリプス株式会社は、総額約20億円の資金調達を実施したことを発表しました。 大阪大学の技術・研究成果をベースに、同種由来iPS細胞由来心筋細胞シートの開発・事業化を目的に設立さ…

大久保の視点

優勝はブラジルから参加のBVC中山充さん!2/26 起業家プレゼン&交流大会「ライトニングトーク東京」
2024年2月26日、創業手帳主催のショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オンリーワンのサービスやストーリーを…
(2024/2/26)
2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
第4回 FRAX TOKYOが1/18~1/20に開催:創業手帳の大久保幸世も登壇・フランチャイズビジネスの総合展が活況
「第4回 FRAX TOKYO」が2024年1月18日(木)から20日(土)にかけて開催されました。 このビジネスイベントは、日本最大の見本市主催会社・RX…
(2024/1/20)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】