注目のスタートアップ

新卒ダイレクトリクルーティングサービスを提供する「ABABA」が2.5億円調達

company

2024年1月29日、株式会社ABABAは、総額2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

ABABAは、新卒ダイレクトリクルーティングサービス「ABABA」を提供しています。

最終面接で惜しくも不採用となった就活生のみが登録する新卒対象スカウト型サービスです。

不採用通知メールにおいて「ABABA」での登録を促すことで最終面接に残った新卒のみをスクリーニングすると同時に、今後の就職活動を応援する「お祈りエール」というポジティブな採用通知にすることで企業イメージ向上も実現します。

リリースから約3年で1,000社を超えるユーザー企業、35,000名を超える就活生に利用されるサービスに成長しています。


新卒にとって就職活動は一度きりのイベントであり、今後の人生を左右する可能性もある極めて重要なものです。

就職活動は、ごく短い期間に人生の方向性を決める必要がある、失敗してしまったら後がないという極度のストレスがかかるなど、数々の精神的負荷がかかるという課題を抱えています。

とくに不採用通知はネガティブな通知であり、応募者に強い負担を与えます。

しかし多くの企業は、同時期に多数の候補者を相手にして採用活動を行っているため、不採用となった人材への通知は、効率化などの観点からテンプレートでの返事を採用しています。

書類段階での不採用であれば応募者のショックは弱いかもしれません。しかし、最終面接にまで進んだ場合にもテンプレートでの通知である場合、応募者のショックは大きく、またその企業へのイメージが低下することもあるでしょう。

また、企業における採用活動においても、新卒一括採用は負担のかかる業務であるほか、ミスマッチの多さなども課題となっています。

「ABABA」は、最終面接に進んだものの不採用となった学生のみをターゲットとした新卒ダイレクトリクルーティングサービスです。

最終面接に進んだということは優秀な学生であるという証拠です。したがってそれを他社に共有できれば採用の効率化などを実現できます。一方で、面接を実施した企業にとっては、それを他社に共有することのインセンティブがこれまでは存在しませんでした。

しかし「ABABA」は、不採用通知をこれまでのテンプレートによる「お祈りメール」ではなく、他社に優秀な学生であると推薦する「お祈りエール」にすることで、自社へのイメージ向上などのインセンティブを企業にもたらします。

学生のショックを軽減すると同時に、優秀な学生を採用市場で共有することができるプラットフォームとして、さらなる成長が期待されています。

事業の拡大には戦略的な資金調達やシナジーの見込める企業との提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウや、クラウドファンディングを成功させる方法などを紹介しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ABABA BtoB お祈りエール スカウト ダイレクトリクルーティング 人事 人材 人材採用 効率化 学生 就活 就活生 採用 採用活動 新卒 最終面接 株式会社 資金調達 面接
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

Web3領域の技術をベースに個人主権型ライフログプラットフォームの構築を目指す「UPBOND」が資金調達
2024年4月5日、株式会社UPBONDは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、バリューコマース株式会社です。 UPBONDは、ブロックチェーンやDID/VC(Verifiable Cr…
対話型AI面接サービス「SHaiN」提供の「タレントアンドアセスメント」が資金調達
2021年12月27日、株式会社タレントアンドアセスメントは、資金調達を実施したことを発表しました。 対話型AI面接サービス「SHaiN」を提供しています。 タレントアンドアセスメントが開発した戦略採…
副業・フリーランス管理クラウド「Lansmart」提供の「CloudBrains」が8,000万円調達
2021年10月26日、株式会社CloudBrainsは、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 副業・フリーランス管理クラウド「Lansmart(ランスマート)」を提供しています…
採用イベントのオンライン開催ツール「Bizibl」運営の「Bizibl Technologies」が4,300万円調達
2021年1月19日、株式会社Bizibl Technologiesは、総額4,300万円の資金調達を実施したことを発表しました。 採用イベントのオンライン開催ツール「Bizibl(ビジブル)」を運営…
大学・専門学校向け募集広報システム「SchooLynk Contact」を提供する「Doorkel」が3億円調達
2023年1月18日、株式会社Doorkelは、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Doorkelは、大学・専門学校向け募集広報システム「SchooLynk Contact」を提供して…

大久保の視点

5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】