注目のスタートアップ

AIを活用した経費精算ソリューション「SAPPHIRE」を提供する「Miletos」が5.5億円調達

company

2023年12月4日、Miletos株式会社は、総額約5億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

Miletosは、AIを活用した経費精算ソリューション「SAPPHIRE」を提供しています。

高精度の領収書読み取り技術や各種利用データの連携により、AIによって経費精算プロセスを自動化するサービスです。

統一性のない書式でも正確に情報を読み取れること、電子帳簿保存法・インボイス対応、大企業の複雑な規定や承認ルールにも対応していることを特徴としています。

他にも、AIによる自動入金消込プラットフォーム「STREAM AI ARM」を提供しています。

今回の資金は、人材採用などに充当します。


従来の経費精算のフローでは、従業員がガソリン代や交通費などを立て替え、経費精算申請書に支払日時・目的・金額などを記入し、領収書やレシートと一緒に提出して承認を得ることで経費精算が完了します。

しかしこの経費精算業務は、記入漏れや記入ミスなどのミスが発生したり、領収書を紛失したり、承認者が不在で書類を確認できなかったり、不正のリスクを防ぐことが難しいといった問題が発生することが多く、高い業務負荷がかかっていることが課題です。

また、正確な経費精算は、経営の効率化やコスト管理でも重要な要素であるため、デジタル化は単なる業務効率化以上の効果を生むといえます。

Miletosは、AIによって経費精算プロセスを自動化し、経費精算のあらゆる業務をシンプルにする「SAPPHIRE」の提供により、経費精算の課題解決に取り組んでいます。

Miletos株式会社のコメント

このニュースを受けまして、Miletos株式会社よりコメントが届きました。

Miletos株式会社(ミレトス)
代表者:代表取締役社長 兼 CEO 髙橋 康文
設立:2016年6月
所在地:〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目2-1 DAIWA銀座ビル7階
事業内容:AIプロダクトの提供、コンサルティング、開発、運営
その他コンサルティング、開発支援


髙橋 康文(たかはし やすふみ)
Miletos株式会社 代表取締役社長 兼 CEO
横浜国立大学大学院修了。Accentureを経てMiletos株式会社に参画。
コンサル時のクライアントPainを元に主要プロダクトのSAPPHIRE/STREAMの着想~開発~営業~導入までを一貫して管掌。
公認不正検査士/横浜国立大学非常勤講師。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

経営の安定化を図ると共に、優秀な人材をさらに増員し、プロダクトの向上や事業の拡大を目指しています。

・今後の展望を教えてください。

私たちはこれまで、エンタープライズ向けの経費精算ソリューションを提供して参りました。今後は様々な規模のお客様にもご利用いただけるようにソリューションの拡充を進め、さらに多くのユーザー様の総合的な顧客体験向上に寄与したいと考えています。また、AIを活用した入金消込プラットフォームにつきましても、プロダクトの向上と市場シェアの拡大を図り、事業の多角化を進めて参ります。

・読者へのメッセージをお願いします。

Miletosは、AIテクノロジーでビジネスプロセスをレガシーからモダンなものへと変革させる会社です。レガシープロセスは、過去から現在まで続く「人と紙」から成り立つ、業務に携わる全ての方々が日々動かし続けている業務プロセスです。一方これから求められるモダンプロセスとは、デジタル化されたデータの活用と、AIによる高度な自動化により、ヒューマンオペレーションの多くを無くした、「人と紙」に依らない業務プロセスである、と私たちは考えています。

私たちはこれからも最新テクノロジーを搭載したプロダクトと、必要に応じた専門的なコンサルティングにより、顧客の皆様への価値を創造して参ります。経費精算プロセス、入金消込プロセスに課題をお持ちの方はお気軽にお声がけいただけますと幸いです。

さまざまな業務でテクノロジーを活用した業務効率化が進んでいます。創業期は予算の問題から大規模なシステム導入は難しいかもしれませんが、負担の大きな部分をデジタル化することでかなりの負担軽減が可能です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

また、抜本的なシステム導入には資金調達も重要です。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウについて詳しく開設しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI BtoB Miletos SAPPHIRE STREAM AI ARM ソリューション 株式会社 精算 経理 経費 経費精算 資金調達 領収書
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

尿によるがんスクリーニング検査「miSignal」を提供する「Craif」が「三菱UFJ銀行」と借入限度額15.2億円の融資契約を締結
2022年9月30日、Craif株式会社は、株式会社三菱UFJ銀行との間で、借入限度額15億2,000万円の融資契約を締結したことを発表しました。 Craifは、酸化亜鉛ナノ構造体とマイクロ流路を組み…
EV充電サービス「WeCharge」を運営する「ユビ電」が3億円調達
2023年4月7日、ユビ電株式会社は、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ユビ電は、EV充電サービス「WeCharge」を運営しています。 充電ごとの電気量・料金を計測できるEV充電設…
パートナー(代理店)/アライアンス領域における戦略構築から活用支援のコンサルティング事業を手がける「deex」が6,500万円調達
2023年7月24日、deex株式会社は、総額約6,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 deexは、パートナー(代理店)/アライアンス領域における戦略構築から活用支援のコンサルティング…
デジタルヘルスの「FiNC」が55億円調達!
平成30年9月20日、株式会社FiNCは、総額約55億円強の資金調達を実施したことを発表しました。 ヘルスケア/フィットネスアプリ「FiNC」を提供しています。 AIを活用し毎日の食事・睡眠・運動のデ…
越境ECの小物輸入貨物のワンストップソリューションを展開する「エスポリア」が5.22億円調達
2023年10月11日、株式会社エスポリアは、総額5億2,200万円の資金調達を実施したことを発表しました。 エスポリアは、越境ECビジネスをサポートするため、輸入業、輸出業、倉庫業を展開しています。…

大久保の視点

Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
優勝はブラジルから参加のBVC中山充さん!2/26 起業家プレゼン&交流大会「ライトニングトーク東京」
2024年2月26日、創業手帳主催のショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オンリーワンのサービスやストーリーを…
(2024/2/26)
2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】