【12/10開催】「G-1スタートアップグランプリ」学生起業家No.1を決定

event

「G-1スタートアップグランプリ」のご案内です。

この大会は、学生起業家No.1を決め、「一度きりの人生をかけて世界を変えようと志す若者を応援する」ピッチイベントです。

概要

・入力情報より選考し、ファイナリスト10社を選出
・小学生〜35歳
・学生起業家(現時点で学生でなくとも申込可能)
・起業前〜起業後3年以内
・ビジネスアイデアでの申込可能
・登壇者は1社1名
・発表時間は5分+質疑応答3分
・パワーポイントもしくは実物によるデモンストレーションにて発表
・運営:Milk.株式会社

開催日

2023年12月10日(日)

大会当日スケジュール

13:00~:G-1スタートアップグランプリ開幕
~14:00:第一部 ファイナリスト5名による発表
~14:10:休憩
~15:00:第二部 ファイナリスト5名による発表
~15:30:お笑い芸人によるお笑いライブ
~15:50:表彰式
16:00:G-1スタートアップグランプリ閉会

会場

会場:Tokyo Innovation Base(東京都千代田区丸の内3丁目8-3 SusHi Tech Square 2F)


近年、企業によるイノベーションが強く期待される中、社会課題に対処するためには、より多くのイノベーションが必要とされています。

イノベーションを促進するためには、多様な企業が創出される環境が不可欠です。しかし、日本は欧米と比較して、開業率・廃業率が低く、とくに開業率は2倍から3倍の差があります。

これは、日本の労働市場が安定志向であり、大企業志向が強いこと、起業が高いリスクを伴うこと、そして起業家としてのキャリアが適切に評価されなかったという歴史的な状況が理由であるといわれています。

しかしながら、最近ではさまざまな分野で創造的な人材が求められ、起業家が独創的で革新的なアイデアを提供する重要な存在として認識されるようになりました。これにより、起業に挑戦する個人や一度は起業に挑戦した経験のある人材に対する評価も向上しています。

国内での起業の促進には、学生に対して起業が人生・キャリアの一環であることを示し、同時に起業をしやすくするための環境整備が重要です。

ピッチイベントは、起業家が自らのアイデアを洗練し、評価を受け、成長するための重要な場であり、学生向けのピッチイベントは起業率向上に寄与すると考えられています。

創業手帳では起業を目指す方などを対象に無料で専門家の紹介を行っています。起業にあたって不安や相談したいことなどがある起業家の方はぜひご活用ください。また、起業家や専門家の生の声をもとに記事化した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」も無料で発行しております。ぜひご活用ください。

また、起業においては日本政策金融公庫などの創業融資制度を活用することが重要です。「資金調達手帳」では、起業時の融資の注意点や、融資を受ける際のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ イベント
関連タグ G-1スタートアップグランプリ Milk. アイデア イベント グランプリ スタートアップ ビジネス ピッチイベント 学生 学生起業 応援 株式会社 発表 若者
詳細はこちら

G-1スタートアップグランプリ

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

イベントの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

歴史的建造物の活用を起点としたまちづくり事業「NIPPONIA」を展開する「NOTE」が「MBSメディアホールディングス」と資本業務提携
2023年1月20日、株式会社NOTEは、株式会社MBSメディアホールディングスと、資本提携契約を締結したことを発表しました。 NOTEは、歴史的建築物の活用を起点に、その土地の文化資産を尊重したエリ…
半径500m圏内のユーザーに宣伝ができるスマホアプリ「テイクGO」がリリース
2021年11月18日、株式会社ゼムスは、「テイクGO」をリリースすることを発表しました。 「テイクGO」は、サービス登録をしている飲食店の半径500m圏内に一般消費者が近づいた場合、スマートフォンの…
「大阪大学ベンチャーキャピタル」が創薬支援事業とがん治療薬創薬事業を展開する「HOIST」に投資実行
大阪大学ベンチャーキャピタル株式会社は、株式会社HOISTに3億円の追加投資を実行したことを発表しました。 HOISTは、がん治療薬と創薬支援技術の研究開発を行う大阪大学発のバイオベンチャーです。 開…
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の際に25%減税される仕組みがある。今回は買収…
量子コンピューター向けアルゴリズム・ソフトウェアを開発する「QunaSys」が12.4億円調達
2022年3月28日、株式会社QunaSysは、総額12億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 QunaSysは、量子コンピューター向けアルゴリズムやソフトウェアの研究開発、量子化学…

大久保の視点

Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
優勝はブラジルから参加のBVC中山充さん!2/26 起業家プレゼン&交流大会「ライトニングトーク東京」
2024年2月26日、創業手帳主催のショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オンリーワンのサービスやストーリーを…
(2024/2/26)
2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】