注目のスタートアップ

コミュニティサイト・アプリを開発・運用できるシステム「CSエリート」を提供する「CS Technologies」が1.1億円調達

company

2023年7月8日、株式会社CS Technologiesは、総額1億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

コミュニティ作成・運営を実現できるカスタマーサクセスプラットフォーム「CSエリート」の開発・提供や、コンサルティング事業(新規事業・DX・デジタルマーケティング)を手がけています。

「CSエリート」は、ノーコードでコミュニティサイト・アプリを開発・運用できるシステムです。コミュニティ運営を通じ、顧客ロイヤリティの向上、顧客データの取得とデータドリブンな施策を実現します。

今回の資金は、コンサルティング事業の人材強化、「CSエリート」の追加機能開発などに充当します。


近年、さまざまな領域でコミュニティの有用性が評価されています。

たとえば、地域活性化の領域では、関係人口を創出・増加させることを目的とした地域コミュニティが、クリエイター・IPビジネスの領域では、ファンの熱量を最大化したり、ユーザー生成コンテンツを経済圏に取り込むためのファンコミュニティが、ビジネス全体では、企業と顧客の関係性を深化させLTV向上につなげるコミュニティマーケティングが注目されています。

とくにスマートフォンの普及に伴うインターネットへのアクセス機会の増加やSNSの普及は人と人の関わり、人と企業の関わりを大きく拡張することになりました。これまでは企業主導のマスマーケティングが大きな影響力を持っていましたが、近年は個人発の情報のほうが信頼を集め、購買に大きな影響を与えるようになっています。

また、インターネット上では企業・ブランド・サービス・プロダクトのファンが集まり自然にコミュニティが形成されることがあります。

こうしたコミュニティに属するファンは、積極的に自らが愛用するサービスやプロダクトを他社におすすめし、さらに有用な使い方などをレクチャーすることもあります。また、サービスやプロダクトの改善案も提案してくれるなど、企業・サービス・プロダクトの成長にとって強い味方となってくれます。

近年は市場が飽和状態にあり、プロダクトやサービスの機能性だけで勝負ができなくなっているため、こうしたコミュニティマーケティングに取り組み、中長期的な成長を目指すことが重要となっています。

コミュニティマーケティングは企業の価値を高めるためにも活用されています。このマーケティングはSNSでの情報発信やコミュニケーションが重要ではありますが、比較的コストがかからない方法であるため、創業期にも実施できるマーケティングのひとつです。「冊子版創業手帳」では、SNSやインターネットの活用ノウハウを詳しく解説しています。

また、事業の成長には資金調達も必要となるでしょう。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CS Technologies CSエリート アプリ カスタマーサクセス コミュニティ コミュニティ運営 コンサルティング サイト デジタルマーケティング ノーコード プラットフォーム 株式会社 資金調達 運用 開発
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ドライバー専門求人サイト運営の「ドラEVER」が2億円調達
2021年12月27日、株式会社ドラEVERは、約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社SXキャピタルです。 ドラEVERは、ドライバー専門求人サイト「ドラEVER」を運営…
地域連携CRMツール「foro CRM」などを提供する「メダップ」が3.8億円調達
2024年4月16日、メダップ株式会社は、総額3億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 メダップは、地域連携CRMツール「foro CRM(フォロシーアールエム)」や、医療機関におけ…
コロナ禍に創業した企業の倒産動向について
株式会社帝国データバンクは、2020年2月以降のコロナ禍に創業した新興企業の倒産動向について、調査・分析を行い、その調査結果を発表しました。 概要 ・国内で新型コロナウイルスの感染拡大した2020年2…
在庫管理SaaS「ロジクラ」提供の「ニューレボ」が1.2億円調達
2020年1月15日、株式会社ニューレボは、総額1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 在庫管理SaaS「ロジクラ」を開発・提供しています。 倉庫でのピッキングや、検品などの業務を…
YouTubeを主軸とした中小企業のマーケティング戦略を企画・実行する「マーケティングプラス」に「もりおかSDGsファンド」が出資
2022年9月14日、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社は、FVC Tohoku株式会社と盛岡信用金庫等と共同で設立したもりおかSDGs投資事業有限責任組合(「もりおかSDGsファンド」)から、…

大久保の視点

5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】