注目のスタートアップ

「menu」「レアゾン・ホールディングス」「KDDI」がデリバリーサービス「menu」成長に向け提携強化 

company

2023年4月28日、menu株式会社は、株式会社レアゾン・ホールディングス、KDDI株式会社、menuの3社は資本業務提携をさらに強化したことを発表しました。

これによりmenuは、KDDIが50.6%、レアゾンが49.4%の株式を保有するジョイントベンチャー(合弁事業)になりました。

menuは、フードデリバリーサービス「menu」を運営しています。

menuとKDDIは、2021年6月1日に資本業務提携を開始しています。au PAY アプリのミニアプリへのmenuの追加や、menuアプリにおけるau PAYへの対応、auスマートパスプレミアム会員向けの「配達料無料」特典の提供など、au経済圏における連携を強化しています。

レアゾン・ホールディングスはmenuの親会社です。

今回の連携強化により、auとUQ mobileなどの会員基盤を基軸としたデータマーケティングによる顧客基盤の拡大、KDDIアセットを活用した「menu」配達員へのサービス提供、多彩なジャンルの加盟店開拓などにより、顧客・配達員・加盟店の3者が「三方良し」となるデリバリーサービスプラットフォームの構築を目指します。

さらに、新たな体験価値創出に向け、「クイックコマース」を拡大し、menuを店舗・サービスから顧客の手元までをつなぐ「ラストワンマイル」プラットフォームへの進化を目指します。


フードデリバリー(出前)は、日本では江戸時代初期から営まれており、商売として根づいているサービスです。

米国で配達を行う個人事業主と飲食店をマッチングするサービス「Uber Eats」が登場したことによってデリバリーサービスに革新がもたらされました。

従来のデリバリーサービスは店舗が配達員を雇い、デリバリーの仕組みを構築することが一般的であったため、デリバリーサービスの参入・運用には一定の労力やコストがかかっていました。

しかし「Uber Eats」といったフードデリバリープラットフォームは、店舗が配達の仕組みを構築する必要がないため、小規模な飲食店であってもデリバリーサービスに参入できるというメリットがあります。

さらに新型コロナウイルス感染症による外出自粛やデリバリー需要の増加を受け、世界的に市場が拡大しています。

日本でもさまざまなデリバリープラットフォームが登場し、コロナ禍が落ち着きつつある現在では、すでに淘汰が進んでいるという市場になっています。

menuはこうした状況において、KDDIとの連携を強化し、クイックコマースとしての事業を拡大していくことで、事業成長を目指しています。

クイックコマースとは、日用品・食料品などを注文から10分~30分など短時間で届ける業態です。

フードデリバリーのように自転車などを利用した配達員が配達を担い、さらに配達エリアの拠点を中心に限定することで、短時間での配達を実現しています。

仕入れや在庫管理などを最適化することでコスト削減を図り、配達料を含めてもコンビニよりも安価、スーパーと同程度の価格を実現しているサービスもあることから、今後の成長が期待されているサービスのひとつです。

コロナ禍によってネット販売はさまざまな業界で重要なものとなりました。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、ネット通販のはじめ方や、ネットを活用した集客ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ au KDDI menu Qコマース クイックコマース デリバリー フード フード・デリバリー レアゾン・ホールディングス 出前 株式会社 物流 資本業務提携 配達 飲食 飲食店
飲食開業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

物流リソースのシェアリングプラットフォームを運営する「souco」が「NIPPON EXPRESSホールディングス」と資本業務提携
2023年6月2日、株式会社soucoは、NIPPON EXPRESSホールディングス株式会社と資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 soucoは、全国2,000拠点を超える倉庫拠点の情報を…
AIでソフトウェア・テストを自動化する「Magic Pod」運営の「TRIDENT」が5,000万円調達
2020年4月27日、株式会社TRIDENTは、総額約5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 AIでソフトウェア・テストを自動化するクラウド・サービス「Magic Pod」を運営してい…
ヘルスケア・メディカルサービスの開発を医師の知見とUI/UXデザインで支援する新サービス「SEESAW with Doctor」がリリース
2022年5月13日、株式会社SEESAWは、新サービス「SEESAW with Doctor」の提供を開始したことを発表しました。 「SEESAW with Doctor」は、ヘルスケア・メディカル…
法人カード「UPSIDER」が電子帳簿保存法に対応
2023年6月1日、株式会社UPSIDERは、法人カード「UPSIDER」が電子帳簿保存法(電帳法)に対応したことを発表しました。 UPSIDERは、成長企業向けの法人カードサービス「UPSIDER」…
教育特化型外部人材マッチングサービス「複業先生」などを展開する「LX DESIGN」が資金調達 ベネッセホールディングスと資本業務提携
2022年10月12日、株式会社LX DESIGNは、株式会社ベネッセホールディングスを引受先とする第三者割当増資を実施したことを発表しました。 LX DESIGNは、教育特化型外部人材マッチングサー…

大久保の視点

2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
第4回 FRAX TOKYOが1/18~1/20に開催:創業手帳の大久保幸世も登壇・フランチャイズビジネスの総合展が活況
「第4回 FRAX TOKYO」が2024年1月18日(木)から20日(土)にかけて開催されました。 このビジネスイベントは、日本最大の見本市主催会社・RX…
(2024/1/20)
事業創造カンファレンス「01Booster Conference 2023」が経団連ホールで12/26に開催
株式会社ゼロワンブースター主催のカンファレンス「01Booster Conference 2023」が、2023年12月26日(火)に開催されました。 事業…
(2023/12/26)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】