注目のスタートアップ

カスタマーサポート特化型AI「KARAKURI」シリーズを展開する「カラクリ」が10億円調達

company

2023年2月8日、カラクリ株式会社は、総額約18億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

カラクリは、AIチャットボット「KARAKURI chatbot」や、チャットボットの内容をFAQに自動反映する「KARAKURI smartFAQ」、チャットボットと連携した有人チャット「KARAKURI talk」、顧客の困りごとを分析し適切なサポートを自動実行するAIシステム「KARAKURI hello」、チャットボットの機能拡張が可能なオプション「KARAKURI skills」を開発・提供しています。

今後、カスタマーサポート・コンタクトセンターに蓄積されたデータの有効活用を可能にするプロダクト群の開発、ジェネレーティブAI(生成AI)モデルのカスタマーサポート領域への適用を目指した研究開発の加速などを展開していきます。

今回の資金は、プロダクト開発・拡充に充当します。


近年、顧客満足度(CX)という指標を重要視する企業が増加しています。

これは、製品での差別化が難しくなってきたことや、SaaSなどのサブスクリプション型のビジネスが増加したことなどにより、既存顧客の離脱を防ぎ、長くプロダクト・サービスを利用してもらうための施策が重要となっていることが要因です。

顧客満足度を向上させるには、カスタマーサクセス・カスタマーサポートの強化、従業員満足度の向上、ダイナミックプライシングの導入、CRMの活用、コミュニティーの構築運用などが考えられます。

カスタマーサポートは、以前からBtoB・BtoCビジネスの双方でよく運用されている部門です。電話やメールなどで顧客のプロダクトやサービスに関する困りごとを聞き、それを解決することを目的としています。

しかし多くのカスタマーサポート部門は、情報共有などがうまくいっておらず、カスタマーサポートを利用する顧客に悪いイメージを与える、案内をたらい回しにする、適切なサポートができないといった課題を抱えています。

さらに多くは電話で対応するというものであるため、顧客ひとりひとりに対応する必要があり、利用者の多いカスタマーサポートでは人手が必要となってしまうことも課題のひとつです。

そこで近年はテクノロジーを活用することで業務効率化や、省人化、自動化を実現する取り組みが進んでいます。

たとえば、顧客からのテキストチャットに自動で応対するAIチャットボットは、24時間365日無人対応が可能になるため、大幅な省人化につながります。

さらに顧客の相談内容の重要度を事前に知ることが可能になるため、効率的な対応をすることもできるようになります。

カラクリは、AIチャットボット「KARAKURI chatbot」を軸としたプロダクト群を提供し、カスタマーサポートのDXに貢献しています。

顧客満足度の向上が重要視されている中、営業・カスタマーサポートの重要性がさらに高まっています。質の高い営業・カスタマーサポートを提供するためには専用のツールやシステムの導入が有効です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、業務を効率化・最大化させるためのシステムの導入について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI CX FAQ KARAKURI KARAKURI chatbot KARAKURI smartFAQ カスタマーサポート カラクリ コンタクトセンター サポート チャット チャットボット データ 分析 株式会社 自動 資金調達 顧客 顧客体験
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

宇宙ビジネスに特化した伴走型支援事業展開の「sorano me」が1,000万円調達
2021年5月27日、株式会社sorano meは、1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 宇宙ビジネスメディア「宙畑-sorabatake-」や宇宙広報団体「TELSTAR」など、宇…
デジタル遺言サービス「lastmessage」を提供する「パズルリング」が資金調達
2024年5月15日、株式会社パズルリングは、資金調達を実施したことを発表しました。 パズルリングは、デジタル遺言サービス「lastmessage(ラストメッセージ)」を提供しています。 デジタル遺言…
習慣化プラットフォーム「Smart Habit」を開発・運営する「WizWe」が5.4億円調達
2023年2月7日、株式会社WizWeは、総額5億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 WizWeは、習慣化プラットフォーム「Smart Habit」を開発・運営しています。 「Sm…
中食プラットフォーム「TakeEats」提供の「ランプ」が1億円調達
2021年2月1日、株式会社ランプは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 飲食店向けテイクアウトの予約・決済サービス「TakeEats(テイクイーツ)」を運営しています。 初期費用・…
サイバーセキュリティ事業を展開する「アクト」がダイレクトマッチング事業に必要な機能を提供するプラットフォームシステム「C2Cプラットフォーム」を提供する「C2C Platform」に出資
2023年4月10日、株式会社アクトは、C2C Platform株式会社に出資したことを発表しました。 C2C Platformは、ダイレクトマッチング事業(CtoCマッチングサービスなど)を展開する…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】