注目のスタートアップ

eギフトサービス「AnyGift」を運営する「AnyReach」が1.1億円調達

company

2023年1月25日、AnyReach株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

AnyReachは、eギフトサービス「AnyGift(エニーギフト)」を運営しています。

ECやD2Cを運営する企業が、eギフト機能やオンラインギフトに関連する機能を自社ECサイトに組み込むことができるサービスです。

「AnyGift」を導入することで、ユーザーは住所を知らない相手にギフトを贈ることができるようになります。

受け取り側が日時を指定できる機能、好きな商品を選ぶことができるカタログギフト機能なども備えています。

企業側は、ギフトを購入した側だけでなく、ギフトを受け取った側の情報も取得できるため、より多様なマーケティングが可能になります。

今回の資金は、国内のEC・D2C企業への導入のさらなる推進、海外展開のための開発準備、採用強化に充当します。


eギフト(デジタルギフト、ソーシャルギフト)は、LINEなどのSNSやメールなどで手軽に送ることができるギフトサービスです。

オンライン完結でギフトを贈ることが可能であり、さらにインターネット上で知り合った人などに住所や氏名を隠したままでも贈ることが可能という特徴があり、近年のインターネット利用者の増加に伴い市場も成長しています。

また、ギフトを贈ることのコストが下がることから、CtoCだけでなく、BtoCにおけるキャンペーンやコーポレートギフトなどでも活用されています。

さらにEC市場は現在も成長市場ではありますが、今後のさらなる成長も予測されている注目のマーケットのひとつです。

eギフトは新たな需要を取り込むものとしてもマーケティングとしても活用できることから、今後利用するEC事業者が増加していくと考えられます。

「AnyGift」は、こうしたEC事業者・D2C企業が、自社ECサイトにeギフト機能を追加することができるサービスです。

eギフトを販売したい場合、通常はeギフトプラットフォームに商品を登録することになりますが、「AnyGift」を導入することで自社ECからeギフトを提供できるため、既存の顧客に対しeギフトという選択肢を提示することができ、そこから新規顧客を開拓することが期待できます。

ECはコロナ禍において販路開拓や販路拡大のための重要なチャネルとなりました。一方でECにはEC独自の集客ノウハウが存在します。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、ネット通販のはじめ方や、ネットでの集客ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AnyGift AnyReach D2C EC ECサイト eギフト エニーギフト オンライン カタログギフト ギフト マーケティング 株式会社 組み込み 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

食品ロス削減ボックス「fuubo」提供の「ZERO」と小売向けアウトソーシングサービスを展開する「エイジス」が業務提携
2022年7月10日、ZERO株式会社は、株式会社エイジスと、商品配送・納品や販売機のメンテナンス全般において提携することを発表しました。 ZEROは、食品ロス削減のための無人販売機「fuubo」を展…
観光・宿泊産業のDXを推進する「Tabist」(旧:OYO Japan)が5億円調達
2022年4月21日、Tabist株式会社は、5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、JICベンチャー・グロース・インベストメンツ株式会社が運営する、JICベンチャー・グロース・ファ…
CROサクセスプラットフォーム「dejam」運営の「LeanGo」が資金調達
2021年10月26日、株式会社LeanGoは、資金調達を実施しました。 CROサクセスプラットフォーム「dejam」を運営しています。 独自機能であるCROサジェストにより、CVR(コンバージョン率…
ゲノム編集iPS細胞を用いた難治性脳疾患に対する遺伝子細胞治療方法の実用化を目指す「iXgene」が6億円調達
2023年1月5日、株式会社iXgeneは、総額6億円の資金調達を実施したことを発表しました。 iXgeneは、ゲノム編集iPS細胞を用いた難治性脳疾患に対する遺伝子細胞治療方法の実用化を目指す慶應義…
キャンプ道具のシェアリングサービス「ソトリスト」など展開の「URAKATA」が資金調達
2022年5月11日、株式会社URAKATAは、資金調達を実施したことを発表しました。 URAKATAは、キャンプ用品のシェアリングサービス「ソトリスト」、キャンプ情報メディア「ソトマガ」、キャンプ場…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ